'チョッパリ'と豚足
(ニューデイリー 韓国語 2010/04/26) 


キム・チュンス元朝鮮日報副局長

日本小学校5学年教科書に「独島(ドクト、日本名:竹島)」が日本領土と記した人々!今回はその国の最高首長である鳩山由紀夫総理が直接立ち上がって「独島は日本領土」という見解を明らかにして物議をかもしています。天安艦事態で大韓民国すべて沈痛なこの時にこれだ。だから「日本は総理まで出て来て独島は自分の土地だと言いはるのに、わが政府官僚らはいったい何をしているのか」という批判があふれるのは無理もない。

我が国を植民地とみなして40年間強圧統治した国、日本。徴兵・徴用・従軍慰安婦で8百万人も戦争の死地に追い込んだ国、真昼間に私たちの宮廷を襲撃して放火し、明成(ミョンソン)皇后を日本刀で殺害した種族。そのような蛮行を犯した島国、日本が一抹の反省や謝罪の兆しもなく、執拗に独島を自らの土地だと言いはるのだから「チョッパリ」という悪口を言われて当然です

私たちの先祖は日帝強制支配期を経て日本人を侮辱する時「チョッパリ」といいました

この頃、インターネットにはチョッパリの他にも「沢庵国」「寿司国」などおもしろい新造語が登場しますが、年を取った世代がみっともない彼らを称する時はやはり「チョッパリ」です。ところが、そのチョッパリという言葉の語源を知って使う人はそんなに多くはないように見えます。彼らの行動があまりに酷いから今日はこの「チョッパリ」の語源でも掘り起こして見ましょう。

「チョッパリ(日本人)」の辞書的意味を見れば「①一本足だけで付いているもの②ひづめが二つに分かれたもの③ゲタを履いて歩く日本人を侮辱する言葉」等と解説しています。最近の新聞や放送などではあまり使いませんが、反日感情を持っている私たちのご先祖の間では日本人を侮辱する言葉で「倭奴(ウェノム)」と一緒に広く使われた言葉です

豚足を食べる気持ちでその「豚足」に由来したという「チョッパリ」を調べます。日本人たちは伝統的なパルサッゲで「足袋(タビ)」というものを履いていた。その「足袋」はその形がミトンのように親指と残りの足の指に分かれていて、下駄や草履を履く時、足の親指と人差し指の間に挟んで履く構造になっていました。その日本の足袋を履いた姿がとても豚足に似ていたと言います。

ですから「豚足(テジ チョクバル)」から豚(テジ)が脱落して人を示す「イ」が加わり「チョクバリ」、この「チョクバリ」が変わって発音の便宜上「チョッパリ」と言うようになりました。参考に米軍は第二次大戦の時、日本人をさして「Jap」「monkey」と言いましたが、「日本猿」と「チョッパリ」、どちらがその人々とさらによく似合っているでしょうか?(翻訳 2ch 蚯蚓φ氏)



こうした記事が韓国メディアに公に載っているのを見ると、ある民族や国に属しているからといって侮蔑したり差別してはいけないとは思いますが、「韓国人」に限っては、たとえば「チョン」(愚か者・足りな者・半人前などの意。一文字となれない『、』から)を「愚か者朝鮮民族」として“チョン”を名詞にしても良いのでは・・・・・・という気になりますね。

まあ、記事中の「沢庵国や「寿司国」が、日本人の自尊心を傷つけようと考えた”差別語”のつもりなのが、韓国人らしいですね。





さあ、やってみよう ~催眠オナニー入門~(CD付)
さあ、やってみよう~催眠オナニー入門~(CD付)
30歳の保健体育 恋の努力編 ひとりでできるもん ~オトコのコのためのアナニー入門~ オトナの保健体育 [DVD] ひとりでえっち わぁい! vol.1
by G-Tools