80代の母親がお小遣をくれないとして家に火をつけた息子
(アジア経済 韓国語 2010/09/17) 


80代の母親がお小遣をくれないとし、家を燃やした息子が警察に捕まった。

大田中部警察署は、お小遣をくれないという理由で自宅の居間に火をつけたA某氏(50)を捕まえたと17日、明らかにした。

警察によれば、賭博などで手配中であったA氏は10日未明、大田市中区牧洞の家で、母親のイ氏(80)にお小遣い10万ウォン(約7,370円)を要求して、貰えないと居間のタンスにチリ紙箱を積み上げてライターで火をつけた疑いを受けている。(機械翻訳 若干修正)



いつもの。






あかりの灯る大きなお家
B00370BTDW