釜山警察、考試院に火をつけた40代の男に令状
(聯合ニュース 韓国語 2010/09/14)   


釜山中部警察署は14日、夜間に考試院の空室に侵入して火をつけた疑い(放火)で、チョ某氏(46)に対して拘束令状を申請した。

警察によれば、チョ氏は去る9日午前0時30分頃、釜山市中区富平洞のアン某氏(58.女)が運営する某コシテルの空室に入って、使い捨てライターでベッドカバーに火をつけて什器類などを燃やすなど、200万ウォン相当(消防署推算)の財産被害をもたらせて逃げた疑いを受けている。

5階建てで1人部屋が30室ある考試院で、当時17人が寝ていたが幸い火災申告を受けた消防隊員らが速かに消化し、大きい人命被害はなかった。

警察の調査の結果、チョ氏はこの考試院に4か月前に投宿していて、飲酒騒乱を理由に退出させられたのに恨みを抱き、このような事を行ったことが明らかになった。

警察は考試院内の閉回路テレビなどを分析してチョ氏を捕まえた。(機械翻訳 若干修正)



コシウォン(考試院)
 : 元々は学生が国家資格試験(考試)の受験勉強をするために借りる3畳程の勉強部屋。部屋の中には机やベットなどは備え付けられているが、トイレ、シャワー、台所、洗濯機などは共同。

コシテル : コシウォン+ホテル。各部屋にシャワー&トイレやテレビがついている。


いつもの。



 

せちがらい世の中だねぇ・・・よっぱらいおやじストラップ
B000RGDN1U