「教育内容は問わず」文科相が基準を正式発表 
(産経新聞 2010/11/05)  


 北朝鮮影響下の思想教育や反日教育が批判される朝鮮学校へ高校授業料無償化適用が検討されている問題で、高木義明文部科学相は5日、教育内容を問わずに適用の是非を判断する適用基準を正式発表した

 文科省は、この基準に基づいて年内にも各朝鮮学校を個別に審査するが、無償化適用は、ほぼ確実な情勢。膠着(こうちゃく)状態が続く拉致問題で、日本が軟化したという誤ったメッセージを北朝鮮側に送る可能性もあるが、民主党政権は無償化適用へ舵を切った。

 高木文科相は同日午後、記者会見し、教育内容について「自主的改善を促す」とする大臣談話を発表した。

 基準は、朝鮮学校の外形的なカリキュラムが日本の高校課程に準ずるかどうかを判断の柱とする内容で、無償化で支出される就学支援金が、生徒の授業料として使われるか財務を確認するなどしたうえで、無償化を決めるよう定めている。しかし、具体的な教育内容については不問にしており、思想教育や反日教育がそのままで、適用が決められる




「促す」連発文科相 あいまい説明 密室審議
(産経新聞 2010/11/05)

 朝鮮学校無償化問題で5日記者会見した高木義明文部科学相

 質問は、朝鮮学校の思想教育などを是正できるのかという点に集中したが、「改善を促したい」「促す努力を…」などと「促す」を連発するばかり。責任を持って是正を確約することはなく、約20分で会見を打ち切った。今後は、非公開の場で各朝鮮学校が審査され、無償化が適用される方向。反日教育はどうなるのかはっきりないまま、「密室」で無償化が決まろうとしている。

 「強制はできない」「努力を幾重にもやっていく」。高木氏は記者会見で、教育内容の是正を確約できない事情をこう強調した。

 後を引き継いだ鈴木寛文科副大臣も、法律上は各種学校となる朝鮮学校の独立性を重んじる法律の趣旨から、強制できないことを強調。「財務書類に虚偽があった場合、見抜けないのでは」と問われると、「ありとあらゆる制度は、そういうものだ」と開き直った

 国民の税金を投入するかぎり、求められるはずの朝鮮学校の“是正”問題は、半ば置き去りにされた。拉致被害者の家族をはじめ、無償化適用への批判はまだまだ強いが、文科省幹部は「基準をつくったんだから、あとは専門家に個別に審査してもらう」と、まるで他人事のように話した。

 今後は、8月まで非公開で無償化を審議していた専門家会議のメンバーが、再び、朝鮮学校を審査。無償化適用を決める見通しだ。文科省は5日、専門家会議の議事要旨を公表したが、やはりメンバーの名前は伏せたまま。再び、密室で無償化手続きが進む

 古田博司筑波大大学院教授は「また秘密で審査するのはおかしい。肝心の焦点をぼかしたまま、『密室審議』するのは、手続き論無視の独裁的手法だ」と批判している。




国家のスタンスを忘れた教育行政
(産経新聞 2010/11/05)

 朝鮮学校への高校無償化適用問題で、支給の可否を判断する国の基準が正式に決まった。今後、朝鮮学校の申請を国が審査し最終判断することになるが、支給に向けて大きくかじが切られたことは否めない。だが、それでよいのだろうか。

 朝鮮学校を支給対象とするには、大きく3つの問題がある。

それは(1)反日的な教育内容を不問にしたままの公金支出

(2)在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と一体化した不透明な学校運営が日本の教育法令や過去の政府の立場に照らし問題

(3)拉致問題解決を阻害する恐れがある
-という点だ。

 文部科学省は朝鮮学校に日本の高校で使う政治経済の教科書購入を求め、教育内容の改善につながる一定の配慮を明らかにした。が、こうした疑念を抜本的に払(ふっ)拭(しょく)できるものではない。政府与党は「はじめに結論ありき」で核心を直視する姿勢に欠けている。今後は地方自治体レベルでも責任ある検証が求められる。

 昭和43年、国の反対を押し切って、美濃部亮吉東京都知事が朝鮮大学校を日本の各種学校として認可の意向を表明した際、当時の文相は独立国家の基本に照らして問題があるという立場を崩さなかった。これを機に地方自治体では朝鮮学校を日本の学校法人として認可するだけでなく、補助金支給も広がったが、国費は今まで支出されたことはなかった。

 朝鮮労働党の指導に基づく現状の朝鮮学校の教育が民族教育に値するかどうか。どちらにせよ民族教育を掲げる以上、それは朝鮮民族の誇りと英知、資金で築かれるべき問題だろう。他国である日本国民の税金でまかなう。それを当然と考えている朝鮮学校関係者もおかしければ、支給に前向きな政府与党もおかしい。国家のスタンスを忘れた教育行政を憂慮せざるを得ない。(安藤慶太)




朝鮮学校側は、無条件で認めないことが気に食わないようですね↓


無償化“自主的改善”朝鮮学校側は不快感
(日本テレビ 2010/11/05)

 高校の授業料の無償化に向けて、文科省が教育内容を自主的に改善するよう求めたことについて、朝鮮学校側は不快感を示した。

 東京朝鮮中高級学校のチョン・チャンギル教務は、日本テレビの取材に対し、「正式決定には、まだ手続きを経なければならず、本当に無償化されるのか楽観はできない」と述べた。その上で、「自主的な改善という言葉をなぜ入れる必要があるのか。文科省は、反対派などからの逃げ道を作っているのではないか」と不快感を表した




『改善』という言葉が気に食わなかったのか、日本からの教育内容への口出しは一切認めない、と言わんばかりの反応ですね。


 


「能書きも言い訳もいらないから、とっとと入金するニダ」

argjgf.jpg

 



北朝鮮国旗カフス
B003ZFU23W