大倉財団、文化財返還事実上拒否
(YTN 韓国語 2011/08/10)


[アンカーコメント]

日帝強占時代に日本オークラホテルに搬出された高麗時代の石塔の返還と関連して、『文化財元の場所探し』のへムン僧侶などが今日、南北仏教界を代表して返還要請書を伝達しました。

しかし、この席で大倉財団関係者たちは略奪という言葉を使ったことについて、まず謝罪からせよと傍若無人な姿勢を見せるなど、事実上、返還拒否の意向を示しました。

東京からバク・チョルウォン特派員が報道します。


[リポート]

東京都心のオークラホテル本館向い側!

美術館の建物の周りに日帝強占期に我が国から搬出された多くの文化財が展示されています。

朝鮮時代の王陵守護石と推定される文化財も入口を飾っています。

私の後に見えるのが『利川高麗5層石塔』です。

去る3月の大地震当時に衝撃を受け、塔の軸が回り、基壇の一部が毀損し、修理作業中です。

特に4層に該当する塔の軸は目で見ても10cm程度本来の位置からずれたうえ、一部壊れた様子も確認できます。

『文化財元の場所探し』のへムン僧侶など一行が、南北の石塔の返還要請書を渡すために大倉財団に訪れました。

しかし、財団関係者は会うやいなや、略奪という表現を使ったことについてまず謝罪せよと、書類で机を叩き付けるなど無礼に一貫しました


[インタビュー:へムン僧侶、文化財元の場所探し]

「略奪文化財という表現を使ったという理由で、かえって私たちに怒る、そんなとんでもないことが起こりました。植民地時代に対する反省がないということを反証することだと思います」


北朝鮮仏教界から委任を受けた『平壌栗里寺址八角石塔』の返還についても、北朝鮮との関係改善がうまくいった後にまた来なさいと言って、事実上、返還を拒否しました

歴史認識がない人との出会い自体が悲しいことだと、私たちの側の弁護士は話しました。


[インタビュー:キム・スンシク弁護士]

「今日はむしろ、日本の人々の本質が出てきたと思う、未来指向だと言って過去に目をつぶれば友好的に返還し、過去の話をしなければ返還するという本質が出てきたと見ます」


大倉財団は、今回のことが日本国内に散在する6万点余りに達する韓国文化財全体に影響を及ぼす問題とし、戻す意思がないということを明確にしました。

東京からYTNバク・チョルウォンでした。




韓国人の言い分ですから、かなり大げさに言っているとは思いますが、「グループ創設者が略奪行為をした」という前提で話を進めるわけはありませんね。

今度、さらに五月蝿いのが国内からもいろいろ出て来るとは思いますが、譲り渡すにしろ売り渡すにしろ、「民間からも略奪文化財を取り戻したニダ」という前例にならないように頑張ってほしいですね。



PYH2011051302510007300_P2.jpg
▲平壌栗里寺址八角五重塔 (平壌栗里寺址八角石塔)

20101029161203_bodyfile.jpg
▲利川浄土寺址五重塔 (利川高麗5層石塔)



大倉集古館の屋外展示品のうち半島由来の品(写真)↓


008b5f16.jpg




2008年06月10日
日帝時代に奪われた高麗時代の石塔をホテルオークラから取り戻すニダ!
2008年09月11日
日帝時代に奪った高麗時代の石塔の返還をホテルオークラが拒否したニダ!
2009年02月19日
日本政府と大倉文化財団に対し石塔返還を正式に要請するニダ!
2010年04月22日
大倉集古館に「利川五層石塔」の返還を正式に要請したニダ!
2010年07月21日
大倉集古館が「利川五層石塔」の返還を“また”拒否したニダ!
2010年10月30日
大倉文化財団が「日本当局が許可すれば『利川五層石塔』を返還する」と言ったニダ!
2010年11月23日
『利川五層石塔』の返還交渉をしに地元議員が大倉文化財団に行ってきたニダ!
2010年12月13日
『利川五層石塔』が失われなかったのは日本が大切に保管してくれたからニカ?
2011年05月13日
韓・朝鮮の『五重塔』を返還するように大倉集古館に書簡を送ったニダ!
2011年05月21日
略奪文化財の『利川五層石塔』が東日本大地震で一部が損傷したニダ!
2011年08月04日
韓・朝鮮の『五重塔』の返還に大倉集古館が応じなければ訴訟ニダ!





ホテルオークラ オリジナルドリップ珈琲セット HO-25M
B004W3KLHI