華城の西将台放火犯、また連続放火..懲役2年6月宣告
(聯合ニュース 韓国語 2011/04/27)



去る2006年5月、世界文化遺産の水原華城(史跡 第3号)西将台に火をつけて楼閣を全焼させた放火犯が、刑務所出所後にまた再び連続放火を行い懲役刑を宣告された。

水原地裁刑事合意12部(ウィ・ヒョンソク部長判事)は27日、水原市長安区と八達区一帯の住宅などに5回にわたり火をつけた疑い(現住建造物放火など)で拘束起訴されたアン某氏(29)に対して、懲役2年6月と治療監護を宣告した。

裁判所は判決文で「放火行為は公共の安全と平温を害する重大な犯罪として危険性が非常に大きく、特に住宅地域での放火行為は大きな人名および財産被害を引き起こす可能性がある」として「去る2006年に水原華城の楼閣を燃やして処罰を受けてもまた再び犯行を行った点を考慮すると厳重な処罰が避けられない」と明らかにした。

アン氏は昨年9月29日、水原市長安区のチョ某氏所有の花園ビニールハウスに火をつけるなど、半月間に長安区と八達区一帯で計5回にわたり火事を起こし、計585万ウォン相当の財産被害を与えた疑いで起訴された。

先立ってアン氏は、去る2006年5月1日、水原市八達区南倉洞の水原華城・西将台の楼閣2階で、自分の下着などにライターで火をつけて楼閣を全焼させた疑いで懲役1年6月を宣告されて服役した。(機械翻訳 若干修正)


2060501o3721703_P2.jpg


燃える世界文化遺産。ユネスコ世界文化遺産の水原華城の西将台が火に燃えている。/2006.5.1

2060501i1832921_P2.jpg
灰なった世界文化遺産。火事が起こった世界文化遺産の水原華城の西将台で消防隊員が残り火の整理をしている。/2006.5.1




刑務所に入ったくらいで、ウリの民族精気を絶つことはできないニダ

71564365.jpg



2006年05月01日
世界遺産『華城』の西将台、10年ぶりの放火でまた焼失ニダ!




城めぐりがもっと楽しくなる!お城の地図帳
城めぐりがもっと楽しくなる!お城の地図帳 (タツミムック)
廃城をゆく (イカロス・ムック) 直伝 和の極意 体感・実感!にっぽんの名城 (趣味工房シリーズ) 日本の城 (山川Mook 1) 日本100名城公式ガイドブック―日本の文化遺産「城」を見に行こう (歴史群像シリーズ) 戦国廃城紀行---敗者の城を探る
by G-Tools