超大型日本首相専用機の横のみすぼらしい韓国大統領専用機
(聯合ニュース 韓国語 2012/11/04)



キム首相就任後2回目の大統領専用機利用

第9回ASEM(Asia-EuropeMeeting)首脳会議参加のためにアジア・ヨーロッパの首脳たちが次から次へ到着するラオス・ビエンチャンのワッタイ国際空港には、超大型規模の日本首相専用機(「日本国政府専用機」首相ではなく政府。空自では「特別輸送機」)と'古臭い'我が国の大統領専用機が並んで止まっていて対照をなした

キム首相が4日、ビエンチャンを訪問しながら利用した大統領専用機(空軍2号機)は、去る1985年に製作されたボーイング737-300機種だ。この専用機は150人まで乗せることができるが、現在は大統領の会議室と就寝室などに改造して50人余りだけ乗せることができる。

さらに、この専用機は短距離運航のみ可能で、中国と日本などを訪問する際に主に利用する。実際、キム首相がこの日ラオスを訪問する時にも、燃料を満たさないまま6時間の運航はできなくて、香港で4時間30分の間留まって航空機を整備しなければならなかった。

状況がこのようだから大統領が長距離出張に行く時には、大韓航空から別に航空機を借りて使っている。

しかしこの日、係留場に'堂々と'立っている日本専用機はボーイング747-400機種で、搭乗人員が300席だ。我が国専用機の2倍規模であるわけだ。

それだけでなく、日本政府は首相が外国に出張に行く時にはテロの可能性などを憂慮して2機を同時に運航していると知られる。

特にこの日、日本専用機が空港に到着した直後、我が国専用機が到着してみすぼらしさを増した

このような状況を勘案して現政府はもちろん、前任の参加政府も専用機の交換事業を推進したが、いつも野党の反対にあって挫折した。

参加政府は当時「専用機を変えれば次期政府が恩恵を受けるだろう」としながら専用機交換を推進したが、当時の野党であるハンナラ党の反対に遮られたし、現政権も専用機交換を推進したが、野党である民主党が同じ論理で反対したのだ。

この日、滑走路に並んで止まっている両国の専用機を見たある公務員は「我が国の国力水準に比べて大統領専用機があまりにもみすぼらしい」と話した。

一方、キム首相が国際行事に参加するために大統領専用機を利用したのは今回が2回目だ。2011年4月に中国で開かれたボアオフォーラムに参加する際にこの専用機を利用したのに続き、今回も同じ専用機で訪問日程を消化する。

政府の一部では、イ大統領がキム首相を一貫して全幅信任していることとも関係がなくはない、という観測が出てきている。

首相官邸は、キム首相が大統領に代わって行事に参加したので、儀式上の理由から大統領専用機を利用することになったと説明した。

首相が大統領専用機を利用したことは、キム・デジュン政権時代である1999年9月、キム・ジョンピル当時首相が日本を公式訪問しながら利用したのが初めてだ。(機械翻訳 若干修正)



c71c1bad.jpg




【追記】 大韓航空からリース中の747-400は大統領の使用予定が有ったため使えなかったようですね。


大統領専用機でラオスに行ったキム首相、香港で4時間留まった理由
(朝鮮日報 韓国語 2012/11/06)

キム・ファンシク国務首相は5~6日、ラオス・ビエンチャンで開かれる第9回アジア・ヨーロッパ首脳会議(ASEM)に参加するために4日、大統領専用機2号に乗って出国した。

キム首相の今回の日程を見れば変な点が目につく。キム首相はソウルから出発してビエンチャンへ行く途中、香港に何と4時間半も留まった。香港に特別な日程はなかった。

首相室関係者は「大統領専用機2号はほぼ30年前の機種」としながら「ソウルから出発して一度にビエンチャンに行くことができず、香港に立ち寄って給油した」と明らかにした。

政府は1985年に製作されたボーイング737-300を改良して大統領専用機2号として使っている。ボーイング737-300は150人まで搭乗可能ですが、大統領会議室と就寝室などに改造して50人余りだけ乗ることができる。老朽化した大統領専用機2号は航続距離が3440kmに過ぎない。一言で今の時代には‘古臭い飛行機’だが、大韓民国大統領専用機という名前を付けている。

航続距離が短いので歴代大統領は国内出張や中国・日本のような近距離の外国歴訪には大統領専用機2号に乗る。

長距離飛行では大統領専用機1号を乗るが、これは大韓航空から借りている飛行機だ。大統領専用機1号は7日に予定されたイ・ミョンバク大統領のインドネシア、タイ歴訪のために今回使えなかった

このために大統領専用機2号に乗ったキム首相は、ラオスに行きながらやむを得ず香港で4時間半も留まったのだ。

ノ・ムヒョン政府と現政権はその間、大統領専用機を交替しようとしたが、当時野党だったハンナラ党(現セヌリ党)と現野党である統合民主党の反対に失敗に終わった。(機械翻訳 若干修正)




梵 日本の翼 720ml 【日本政府専用機正式機内酒】
B004YJZ6RK

1/400 空自 日本国政府専用機 B747-400
B003X6FWUQ