デジタル世界に独島はない
(アジア経済 韓国語 2012/10/30)



グーグル削除波紋後、探してみたらワールドマップ、ノキアマップなど全て別の名前

アップルのアイフォンなどスマートフォンで使うグローバル地図アプリケーション(以下アプリ)の相当数が独島を表記していないと確認された。一部アプリは東海を『日本海』と表記した。最近、グーグルの地図サービスで独島が削除されたのに続き、スマートフォンのアプリでも歴史歪曲が深刻な状況だった。デジタル世界から消えた独島を取り戻すためには政府次元の積極的な介入が必要だという指摘だ。

30日、本紙がアップルのアップストアとアマゾンらアプリ市場の上位圏にランクされた『ワールドマップ』『ノキアマップ』『マップクエスト』『マイマップ』らを調査したところ、地図で『独島(dockdo)』を表記したものは全く無かった。

大部分が独島の代わりに『リアンクール岩礁』という名称を使っていた
。英語で『dokdo』を検索すると、島の名称なしに地図だけが表示されるだけだった。


3c5870b5.jpg

マイクロソフトが提供するビングマップの姿。


さらに独島を最初から表示しなかったり、東海の代わりに『日本海(SeaofJapan)』と表記したアプリも少なくなかった。ワールドマップは鬱陵島だけ地名なしに付属島の形で存在するだけで独島は見えなかったし、東海の代わりに『日本海』と表記した。

ノキアアプリは状況がさらに深刻で、独島はもちろん鬱陵島さえ現れなかった。ノキアアプリは携帯電話メーカーであるノキアで製作した地図アプリで、ノキアが去る2007年に世界最大地図サービス業者であるナブテックを買収しながら誕生した。


3badacb0.jpg

ノキアマップの姿。鬱陵島と独島の姿は見られない。


特にノキアマップは、アマゾンタブレットであるキンドル・ファイアとアップルのアイフォン、マイクロソフトのウィンドウズフォンなどに基本マップとして搭載されていて、歴史歪曲の深刻性を増している。

先立って、グーグルも自社の地図サービスで独島の住所を削除して論議を起こした。名称も独島を『リアンクール岩礁』、東海を『日本海』に変えた。

さらに大きな問題は、ノキアアプリとグーグルの地図をアプリ開発会社が教科書のように使うという点だ。これに伴い、デジタル世界での歪曲された歴史を正すために、わが政府が積極的に出なければならないという指摘だ

キム・ヨンサム大韓民国独島愛会国際連帯会長は「日本は政府次元で独島領有権主張に熱を上げているが、わが政府は地図サービスに対する重要性を認識できずにいて残念だ」として「広告掲載のような一過性のイベントよりは全世界の人が利用するモバイル地図アプリやポータル上での誤った表記を正すのに注力しなければならない」と強調した。(機械翻訳 若干修正)



国際司法裁判所で「韓国領土」と判断されれば各地図会社は一斉にすべて『独島』と表記するようになり、日本は領有権の主張なんてしなくなるのにね。




楽しくAndroidアプリが作れる本 (日経BPパソコンベストムック)
4822234711

日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相 (ポスト・サピオ ムック)
4091031579

決定版! 尖閣諸島・竹島が日本領土である理由がわかる本 (宝島社ブックレット)
4800203457

シミュレーション! 自衛隊「尖閣・竹島防衛戦」 (別冊宝島 1915 ノンフィクション)
シミュレーション! 自衛隊「尖閣・竹島防衛戦」 (別冊宝島 1915 ノンフィクション)尖閣を獲りに来る中国海軍の実力: 自衛隊はいかに立ち向かうか (小学館101新書) 尖閣武力衝突 日中もし戦わば
by G-Tools