朝鮮時代の漢陽の通りは‘糞だらけ’
(京郷新聞 韓国語 2012/10/11)



・景福宮、市庁舎近隣の地層で回虫など寄生虫の卵大量検出
・漢陽に遷都後人口急増、糞尿処理能力限界超えたため



「今日の都城の中の多くの家が汚れていて汚らしい。車がなくて汚物を汲んで行くことができないためだ。 …ソウルでは日ごと庭や通りに小便を捨てて井戸水が全部しょっぱい。川辺の橋の築台のまわりには人糞がぺたぺたとこびりついて大きな長雨でなければ洗われない。」

朝鮮末期の実学者朴斉家(パク・チェガ)は『北学議』で首都漢陽の姿をこのように記録している

このように文献でのみ伝えられた朝鮮時代の漢陽の汚らしい街の姿が実際である可能性が高いという研究結果が出た

ソウル大学医科大学人類学・古病理研究室シン・ドンフン教授チームは10日、「景福宮の塀、光化門広場の世宗大王像の下、市庁舎付近、宗廟広場などソウルの主要な地点の朝鮮時代の地層で回虫・鞭虫などの寄生虫の卵を発見した」と明らかにした。

寄生虫の卵は、主に人糞から排出された後、野菜などの食べ物に混ざって再び人の口に入る方式で感染するという点から、この地域に人糞が散在していた可能性を見せる部分だ。研究の結果、景福宮の前で抽出した土からは1gあたり最高165個の卵が出てきたし、残りのサンプルからも平均35個の卵が検出された。

漢陽の通りに人糞があふれ出るほかなかった事情は何だろうか。シン教授チームは、当時急増した人口に耐えられるほどの下水道施設が整っていなかったという点に注目している。朝鮮時代前期の15世紀始め10万人余りだった漢陽の人口は18世紀に入って二倍近く増えた。1785年頃の英国で人口が5万人を超える都市がロンドンなど4か所に過ぎなかったという点を考慮すれば、大変な人口であったわけだ。シン教授は「中世ヨーロッパの都市が糞尿でめちゃくちゃだったように、人口が急増した漢陽も事情は同じだったものと見られる」と話した。

実際、『承政院日記』英祖27年の章をみると、人が住んではいけない六曹の前の道まで民家が入って木がなくなり土砂が流失し、この土砂が排水路を防いだせいで河川が氾濫していると指摘する部分が出てくる。英祖は「都城の中の人民があまりにも多い」と嘆く。これに比べて糞尿処理施設はふさわしくなかった。朴趾源(パク・ジウォン)が書いた燕巌集『燕巌集』の『穢徳先生伝』には、糞を片づける職業を持つオム・ヘンスという人物が登場する。彼は糞尿を専門的に回収して都城郊外周辺の畑に撒いて、その収入で生計をたてた。人々は時に糞尿を河川に捨てたりもしたし、長雨の時期に水が氾濫して糞尿の混ざった汚水が通りのあちこちに広まったりもしたと推定される

韓国古典翻訳院キ・ホチョル研究員は「朝鮮宮廷図にもトイレは探せないが、漢陽の糞尿処理システムはまだ明らかになっていない」として「穢徳先生のような業者が集めた糞尿を毎日処理するシステムだったものと推定されるが、人口が増えながら当初計画された範囲を越えてしまったようだ」と明らかにした。

このような事実を入れた論文は昨年末、国際学術誌である『考古学ジャーナル』に紹介された。シン教授チームは2010年から国立文化財研究所と漢江文化財研究員などの支援で、檀国大学医科大寄生虫学校室ソ・ミン教授チームと共に寄生虫研究を通した過去の人々の生活史研究を進行中だ。シン教授は「ソウルだけでなく全国的に寄生虫の卵を発掘した結果、たいてい出てくる所は人々がたくさん住んだ所」としながら「寄生虫の卵を通じて当時の人々の保健と健康、感染と病気の状況について科学的に察することができる」と話した。(機械翻訳 若干修正)



やはりこれ↓はプロパガンダの類ではなく、ありのままだったんですね。


朝鮮人の不潔ときたら随分ヒドイ、てんで清潔とか衛生とかいう考えはないから、いかに不潔な家でも、いかに不潔な所でも一向平気で、濁った水でも構わないどころか、小便や大便の汁が混じって居っても、さらに頓着せずにこれを飲む、実に味噌も糞も朝鮮人には一所である。

と謂えば朝鮮に行かない人には、極端の言いようのように思われるかも知れないが、事実その通りで、一例をあぐれば、家を造るに、壁土の中に馬糞などを混ぜて喜んでこれを塗る、その訳は馬糞を混ぜると壁が堅くなって泥が落ちにくいというている。

さらに驚くべく信じ難い程であるのは、朝鮮人は小便で顔を洗い、気目がよくなるというて居る、また小便は腎虚や肺結核や解熱等に有効じゃというてこれを用い、また強壮剤じゃというて無病の者でも飲んでいる、いよいよ病気が重くて生きられまいという時は、大便を食べさすということも聞いている、なんと驚かしいことではないか。

塵や芥(ごみ)がばらけておろうが、物が腐って臭かろうが、食物に蝿などがたかって汚しても、更になんとも思わないで、年中風呂に入るの、湯をつかうのということは無い。

夏など穴のような家の中はもちろん蒸し暑いものであるから、たいていは家の外に露宿をする、その頭元には糞や小便が流れており、悪臭はふんぷんとして鼻をつく程でも、朝鮮人には感じが無いらしい

「最近朝鮮事情」 荒川五郎著 明治39年(1906年) 清水書店 (89-90P)

 










黄金狂時代
B004ASNT1K

歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実
歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実 (祥伝社黄金文庫)
中国・韓国が死んでも教えない近現代史 (徳間文庫) 韓国併合への道 完全版 (文春新書 870) ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実 台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫) 韓国民に告ぐ!―日本在住の韓国系中国人が痛哭の祖国批判 (祥伝社黄金文庫)
by G-Tools