旭日旗、韓民族の軍旗からモチーフ
(文化日報 韓国語 2013/10/31)



キム・チェス高麗大学教授‘アルタイ文明論’で主張

日本軍国主義を象徴する旭日昇天旗が実は韓民族の軍旗として使用された『韓』(原文も漢字で「韓」ですが、画像も無くどんな旗か分かりません)の模造品という興味深い主張が出てきた。旭日旗は日本の軍隊が第2次世界大戦当時、士気の向上の目的に使用し、戦後は右翼団体が戦時体制を取るために使用した。そのため日本の歴史認識退行を示す代表的な象徴物と見なされている。

キム・チェス(64・日本文学)高麗大学教授は「韓日のサッカー競技場でたびたび問題になる旭日旗は『韓』を土台にして作られた可能性が高い」と明らかにした。

キム教授によれば、『韓』は‘朝の日差しがまばゆいばかりに光る姿を現わす旗’を意味するが、旭日旗はそうしたイメージがより強烈に形象化されたというのだ。しかし、これが旭日旗の‘歴史的原罪’をなくすことではない。キム教授も「日本人たちの旭日旗使用を『韓』の掲揚行為として眺めることができる幅広い見解を提示したい」と伝えた。

キム教授のこのように独特の‘旭日旗模倣説’は‘アルタイ文明論’に基づく。キム教授は最近、アルタイ文明に対する最初の単行本『アルタイ文明論』を発刊し、韓・中・日三か国の民族・文化的なつながりをグローバル的視点で考察した。キム教授のアルタイ文明論は、檀君‘神話’に放置しておいた韓民族の起源を探す過程だ。彼は「東アジアの古代国家形成に絶対的影響を及ぼしたのがまさにアルタイ文明」としながら「今は一つの民族的視点(nationalism)や同一文化圏的視点(regionalism)を止めて、全地球的視点で事物を眺めなければならない時」と意味を付与したが、旭日旗に対する破格的な解釈もこの過程から出てくることができた。

アルタイ文明というのは、紀元前2000~3000年の間にユーラシア大陸中央に位置するアルタイ山脈周辺で形成された青銅器文明を指す。これはユーラシア大陸西側のメソポタミア地域で紀元前3500年頃に発生した青銅器文明の東進過程として形成された後、東アジアの遼河地域と韓半島、そして日本列島にまで伝播したというのがアルタイ文明論だ。簡単に言えば、現在の私たちが檀君朝鮮を建てた檀君王倹の子孫というならば、檀君朝鮮はまさにこのアルタイ文明の影響の下に建てられたわけだ。

キム教授は「遼河地域の青銅器文明が形成される過程で古朝鮮(紀元前2300年頃)が成立した」として「檀君王倹が建てた国は遼西、すなわち内モンゴル付近と把握される」と明らかにした。これは従来の国内古代史学者が韓半島北部の大同江流域を檀君朝鮮設立地域と見るのと異なっている。キム教授は「遼河地域と韓半島の北部地域はユーラシア草原路を通じて旧石器時代以来、文化的・人的交流が絶えず行われてきたため、韓半島の青銅器文明も遼河文明の影響の下に生じたのだろう」と話した。したがって韓半島北西部の民族は、遼河の遼西地域で青銅器文明を起こした民族の一派という立場も自然に成立する。遡ればこの一派はアルタイ地域から青銅器文物を持って遼河に到来した者だ。これを根拠にキム教授は「檀君神話でいう檀君王倹の父親桓雄は空から降りてきた者ではなく、この渡来人を指す」と説明した。

ややもするとキム教授の主張は、中国の歴史歪曲プロジェクトである東北工程とつながっているような誤解を呼び起こす。東北工程論者は遼河文明の影響の下に黄河文明が形成されたとし、古朝鮮など韓半島の歴史を中国史に編入させようとしている。キム教授はこれに対して「アルタイ文明論によれば、遼河文明を起こした民族はアルタイ語族(主語-目的語-動詞で構成されたSOV型言語を使う民族)でしかない」として「その部分で全く違う立場の違いを見せる」と伝えた。

すなわち、上に上がれば中国の東北工程の核心である遼河文明の主体は結局、漢ではなく韓民族だ。古朝鮮を起こしたこの遼河文明は、年次的に韓半島に三韓と三国を誕生させ、日本列島に渡っていって現在の天皇家を中心にした古代国家を作ることになる。

この地点で再び『韓』が旭日旗の母胎になったという主張は、とんでもない解釈でないことを分かってくる。
(機械翻訳 若干修正)



jdfuglytilt



化石とゲノムで探る 人類の起源と拡散 (別冊日経サイエンス194)
化石とゲノムで探る 人類の起源と拡散 (別冊日経サイエンス194)

とんでもない一撃 THE4時間 [DVD]
とんでもない一撃 THE4時間 [平均86.6cm×16人] [DVD]
メガすごいフェラ! [DVD] M・ザーメン・トランス 雪見紗弥 [DVD] S+CONTENTS 4時間 一撃 [オンナにトドメを射す濃厚かつ珠玉のザーメン] 32名 [DVD] メガザーメン一発大量顔射!5 [DVD]
by G-Tools