[歴史の中の人物] 日本のイ・ミジャ、美空ひばり
(韓国毎日新聞 韓国語 2013/05/01)



日本では日本人よりも頭角をあらわしている在日韓国人が多い。特にスポーツおよび芸能界には2世の代を越えて3,4世の代が多く活躍している。だが、差別のために韓国人の血統を受けたこれらの中で一部は出身を秘密にしている人々もいる

日本最高の演歌歌手美空ひばりも一生韓国出身であることを隠して暮らし、死亡直前に韓国人という事実を明らかにした

9歳の時である1948年の今日、デビューした彼女は、1989年に53歳(韓国は数え年)の若い年齢で亡くなるまで1,500余曲の歌を歌った。物悲しい澄んだ声で戦争で疲弊した日本人たちの胸を溶かした。彼女が死んだ後、日本メディアが『今まさに昭和(ヒロヒト王の年号)の時代が終わった』という題名の記事を出すほどであった。(1989年は昭和64年・平成元年)また、死後である1989年には日本女性初の日本政府が授ける国民栄誉賞を受賞した。韓国トロット(演歌)の女王がイ・ミジャ(李美子)だとすれば、美空は日本演歌の女王である。

日本を代表する歌手だったが、彼女には一生隠すほかはなかった不幸な家族史があった。

彼女が歌手として名声を得ると、お母さんは娘の将来のために韓国系という事実を隠すためにお父さんと離婚をすることになる

彼女は死を控えて「お父さんの故郷韓国で歌うことが願い」だったと、その夢を叶えることができないことに哀痛を秘めて天国に行った。(機械翻訳 若干修正)


 昭和毎日 1948年05月01日 美空ひばりさんデビュー (毎日新聞)

「美空和枝」が横浜国際劇場開館1周年記念興行で笠置シヅ子さんの「セコハン娘」などを歌い本格デビューした。この後、日劇出演を機に芸名を「ひばり」に改めた。天性の歌唱力を持つ、ひばりさんは天才少女歌手と絶賛され、終戦直後のすさんだ世相の中で娯楽に飢えていた庶民から圧倒的な人気を得た。




実はもう30年も前から、ひばりの父親・増吉が在日韓国人だという説が存在している。主に在日の人々の間で流布している(中略)「(焼肉の老舗)食道園の常連には、戦後を代表する2大スターがいた。美空ひばりと力道山である。(中略)2人は出自を徹底的に隠して、戦後日本の英雄となったと韓国・朝鮮系の人々には信じられている」(中略)

ひばりの父親が在日だという証拠は、今のところどこを探しても見つかっていない。戸籍は増吉も彼の父も栃木県豊岡村となっている。(中略)

10年前には『週刊文春』が徹底調査して、増吉の在日韓国人説は根拠なしと結論づけている。ひばりが死んだ89年、韓国の『週刊女性』が「ひばりは韓国人の父と日本人の母との間に生まれた」との記事を載せたことに反論して同年8月10号で、日韓両国の関係者多数にインタビュー調査したのである。

まず最初に、「ひばりが韓国系であることの根拠?それはずっと昔から言われていたことで、韓国では常識になっています」という韓国『週刊女性』白承悦編集部次長の声を載せ、あちらの国ではもうそれは証明する必要のない定説と化している現実を紹介し、それに対する日本人関係者の反論をこう続けている。「美空ひばりが韓国系と言われる根拠は?と尋ねても、韓国内に答えられる人はいない。すべて在日韓国人から伝えられた話ですから(ソウル特派員)」「韓国の人は誰もがあんなに歌のうまい歌手が日本人であるわけがないという。(中略)しかしだからといって、ひばりさんの韓国系説の証拠にはならない(コロムビア・ひばり担当の馬渕さん)」「ひばりのお母さんはね、以前、韓国系説を聞いて、お父さんが韓国人だったら、もっと親切だったわよって笑ってましたよ(竹中労)」

また増吉の生まれ故郷・豊岡村の近所の人の声も載せている。「増吉さんも私の家も江戸時代から、ずっとこの村にあった農家です。昔は組頭を務めて、私の家より格は上だったらしい。でも、父親の長作さんの時代に没落して、私の家の小作人をやっていた。家は畑の中の小屋みたいなものだったけど。韓国人? そりゃデマだっぺ(加藤實今市市議会副議長)」

私も、ひばりに詳しい芸能マネジャーのNさんに訊いてみた。「有名人はファンに騒がれると困るから、マネジャーが懇意にしてる店に深夜こっそり行くケースが多い。たまたま担当者が、ひばりと力道山の両方の興行にタッチしてると、同じ店を紹介する。ひばり母娘が、焼肉の食道園に顔隠してやって来たことが、韓国系だという証拠にはならないでしょう」(中略)ただこうした度重なる日本人側からの否定にもかかわらず依然として、この説が在日の人々の間で強固に信じられていることも事実である。

それは一つには、韓国で高まっている反日=韓国ナショナリズムが、いまや在日韓国人をも半チョッパリ(半日本人)と呼んで侮蔑の対象にする場合が増えたからかもしれない

在日韓国人は、祖国から引き裂かれた悲劇の主人公の座をすべり落ち、日本の国の中に、自らのアイデンティティを求める。美空ひばりとは、そのために彼らが必要とする英雄神話の一つなのではないか。そしてひとたび神話として成立してしまったものは、いくらそれと異なる事実や真実をつきつけても、もうその神話は絶対に崩れない。

吉田司著『スター誕生 ―ひばり・錦之助・裕次郎・渥美清そして新・復興期の精神―』講談社、1999年




スターはみんな在日、犯罪者はみんな日本人ニダ♪
1253d8dc.jpg





スター誕生―ひばり・錦之助・裕次郎・渥美清そして新・復興期の精神
吉田 司
4062098172

英雄*戦姫
英雄*戦姫
創刻のアテリアル デモニオン~魔王の地下要塞~ ランス・クエスト マグナム BUNNYBLACK3 BUNNYBLACK2
by G-Tools