'過去の歴史-円安'で韓日冷却期、長期化懸念
(ニュース1 韓国語 2013/04/22)



日本閣僚の神社参拝にユン・ビョンセ外交長官、日本訪問日程取り消し
過去の歴史-円安に関し日本の変化期待難... 解決策多くない


ユン・ビョンセ外交部長官(外務相に相当)が日本閣僚の靖国神社参拝に対する抗議として、推進中だった初の日本訪問計画を電撃的に取り消し、両国新政府でも韓日関係正常化の糸口を見つけられないまま冷却期が長期化する懸念が高まっている。

昨年のイ・ミョンバク前大統領の独島訪問以降続く両国間の過去の歴史に関する外交葛藤に加え、日本の新政府になっての'意図的'な円安政策に対するわが政府の不満が重なっている状況だ。

ユン長官は当初、今週26~27日に就任後初の日本訪問をしようとしていた計画を22日、取り消した。

外交部関係者はこの日、「ユン長官の日本訪問を前後して日本閣僚が靖国神社参拝など我が方の国民感情を害する行動をしてはいけないという立場をずっと伝えてきた」として「それでも日本側が神社参拝を敢行した状況では、長官が日本を訪問しても過去の問題について我が方が望む日本の態度を引き出し難いと判断した」と訪日取り消し背景を説明した。

新政府になって外交長官の初の日本訪問であるだけに、過去の問題について多少でも進展した内容を持って帰ってくるべきだが、それなりの環境が全く造成されていなという話だ。

過去には、新大統領の初の海外歴訪はアメリカ-日本-中国の順で行われることが一般的だったが、パク・クネ大統領が来月のアメリカ訪問に続き、中国を日本に先立って訪問すると発表されたことも、韓日関係の現状と無関係ではないと思われる。

わが政府がこのように日本に強硬に対処せざるを得なくなった背景には、近くには去る2月、日本政府が『竹島の日』行事に初めて中央政府要人を派遣したのに続き、先月26日には独島を韓国が一方的に占拠しているという内容の教科書検定結果を発表した点などが作用している。

その前に、イ・ミョンバク前大統領が私たちの大統領としては初めて、昨年8月に独島を電撃訪問して日本の強力な反発を招いたのも韓日関係冷却期の端緒を提供した。

このように、韓日間の長い葛藤の原因だった過去の問題がずっと困難に陥っているうえ、最近の日本政府の円安政策もわが政府を非常に不快にさせているという点も泣きっ面に蜂で、韓日関係の状況悪化を加重させる重要な要因になっている

いわゆる“アベノミックス”と呼ばれる円安を土台にした日本の景気浮揚政策は、私たちの輸出経済に悪材料として作用している。

最近の日本政府の円安加速化ペダルにブレーキをかけると期待されたG20(主要20か国)財務長官会議では日本の円安政策を主要国が黙認、事実上、日本の円安政策に“免罪符”を与えた格好になった。

日本経済に対する量的緩和政策で支持率が急上昇している日本の新政府は、最低限、来る7月に予定される参議院選挙までは円安基調を継続するというのが大方の見込みだ。

最近相次ぐ武力挑発・威嚇など北朝鮮発のリスクで困難を経験している私たちの政府の立場としては、日本政府の円安政策にブレーキをかけなければならない必要性を痛感している状況だ。

問題は、こうした日本の立場や政策が変わる可能性があまりないということにある。過去の問題において強い右傾化指向を見せる安倍政権が、過去の問題において態度を切り替えるとの期待をすることは難しい。また、日本の円安政策も当分この基調が続くことが確実視されていて、韓日関係が回復期に入るまでには相当な時間がかかるだろうという観測が高い。

外交部のある関係者は「過去の問題に対する我が方の立場は一度も変わったことがない」とし、原則的対応を強調しながらも「最近の日本経済が我が方に与える打撃を解決する方案は、別の角度から接近しなければならないだろう」と話し、分離対応の必要性を強調した。(機械翻訳 若干修正)



 安倍内閣、露骨に右傾化…次々と靖国参拝
(中央日報 2013/04/22)

  日本の安倍内閣の“ナンバー2”麻生太郎副総理をはじめとする閣僚3人が20-21日、太平洋戦争の戦犯が合祀されている靖国神社を次々と参拝した。靖国の春季例大祭(21ー23日)を迎えてだ。

  20日、新藤義孝総務相がまず参拝した。2011年に韓国の独島(ドクト、日本名・竹島)支配強化実態を調査するとして鬱陵島(ウルルンド)訪問を試み、金浦(キンポ)空港で入国を拒否された人物だ。第2次世界大戦末、硫黄島で米軍を相手に“玉砕作戦”を繰り広げた栗林忠道陸軍中将の孫にあたる。新藤総務相は「(閣僚としてではなく)私人として参拝した」と述べた。靖国参拝が外交に及ぼす影響を尋ねる質問に対し、「先祖が太平洋戦争で亡くなった。定期的に参拝している」とした。

  21日には古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相が靖国を参拝した。古屋委員長は昨年5月、米ニュージャージー州を訪問し、現地に設置された従軍慰安婦碑の撤去を要求した人物だ。また議員の会を通じて従軍慰安婦に関する歪曲された歴史認識を主導してきた。靖国参拝後はためらわず「国務大臣・古屋圭司として参拝した」と述べた。新藤総務相とは違い、閣僚としての参拝であることを明確にしたのだ。続いて「国のために命をささげた英霊に哀悼の誠をささげるのは国会議員として当然だ」と話した。

  21日、閣僚のうち3人目に靖国を参拝したのは麻生太郎副総理兼財務相だった。主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するため米国を訪問した麻生財務相は、帰国後の午後7時30分ごろ靖国を訪問した。安倍政権内で数少ない知韓派と知られた麻生副総理の靖国参拝は、両国関係の改善にも大きな悪影響を及ぼす見込みだ。

  民主党政権当時は閣僚に靖国参拝自制命令が出されたが、安倍政権は閣僚の意思に任せている。昨年12月の安倍内閣発足後、閣僚の靖国参拝が確認されたのは今回が初めてだと、日本メディアは伝えた。閣僚ではないが、安倍首相の最側近の加藤勝信官房副長官も21日午前、靖国を参拝した。

  安倍首相は今回は参拝しない代わりに「内閣総理大臣」と書かれた「真榊(まさかき)」を奉納した。安倍首相は07年の安倍内閣当時も同じ供え物を奉納した。

  昨年9月の自民党総裁選挙当時、「首相在任中に靖国を参拝しなかったのは痛恨の極み」と述べた安倍首相は、最近、靖国参拝について明確な立場表明を控えている。

  自民党と連立政権を構成する公明党の山口那津男代表は閣僚の靖国参拝について、「どういう説明をしても外交的な影響が出ることは避けられない。(韓国・中国との)関係改善を損なわないよう配慮が必要だ」と述べた。




>外交長官の初の日本訪問であるだけに、過去の問題について多少でも進展した内容を持って帰ってくるべきだが

韓国のいう“進展”とは「日本の一方的な譲歩」ですね。

靖国放火犯を中国に引き渡したり、盗んだ仏像を返さなかったり、新大統領の外交姿勢がこんな↓なのに、韓国の要望が通らなければファビョってこれですか……


 朴槿恵大統領、日本より先に中国を訪問へ
(中央日報 2013/04/22) 

   朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が5月初めの米国訪問に続く2番目の海外訪問先として中国を訪れる。朴大統領は19日の国会未来創造科学放送通信委員会・農林畜産食品海洋水産委員会所属の与党議員らとの夕食の席で、「(米国訪問の次に)中国に行くことになるようだ」と明らかにした。

  当初5月下旬にソウルで開かれる予定だった韓日中首脳会談後に中国訪問が実現する可能性が大きいとみられたが、3カ国首脳会談の5月開催が白紙となり訪中日程が前倒しされる雰囲気だ。外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官も24日に中国を訪問し韓中首脳会談の議題を調整する予定だ。歴代大統領は就任後米国の次に日本を訪問した

李明博(イ・ミョンバク)前大統領は2008年4月に米国を訪問した帰途に日本を訪れ、中国は5月に訪問した。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の歴訪も米国(2003年5月)、日本(6月)、中国(7月)の順だった。

  朴大統領はこの日、習近平国家主席宛てに中国四川省での地震に対する慰労電報を送った。朴大統領は「多くの人命および財産の被害が発生したという報せに接し私と大韓民国の国民は非常に胸が痛めている。犠牲者に対して哀悼の意を示すとともに、遺族と負傷者にも慰労の言葉を伝える」とした。





ナニされても絶対コッチ見てなきゃダメ!! BEST 4時間 [DVD]
B004B8ABY2

東京 手みやげ本 (ぴあMOOK)
東京 手みやげ本 (ぴあMOOK)
dancyu (ダンチュウ) 2013年 05月号 [雑誌] Hanako (ハナコ) 2013年 4/11号 [雑誌] サライ増刊 美味サライ2013春号 2013年 04月号 [雑誌] 東京新定番和スイーツ―老舗から新スタイルまで厳選268店! (ぴあMOOK) お取り寄せ&ご当地グルメ 2013 日本のおいしいもの500アイテム大集合! (ぴあMOOK)
by G-Tools