(ル聯合ニュース 2024/04/23)
 韓国政府は23日、東京の靖国神社で始まった春季例大祭に合わせ、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」が同日午前に集団参拝したことについて、反省を行動で示すよう求めた。参拝には自民党や日本維新の会などの衆参両院議員約90人が参加した。

 韓国外交部の任洙ソク(イム・スソク)報道官はこの日の定例会見で、「政府は日本の責任ある人たちが歴史を直視し、過去に対する謙虚な省察と真の反省を行動で示すことを促す」と述べた。

 閣僚では高市早苗経済安全保障担当相が参拝した。

 例大祭初日の21日には岸田文雄首相が内閣総理大臣の名前で供え物の「真榊(まさかき)」を奉納したほか、新藤義孝経済再生担当相が参拝している。韓国外交部は当日、報道官論評で遺憾を表明した。