(中央日報 2024/03/26)
韓国誠信(ソンシン)女子大学の徐坰徳(ソ・ギョンドク)教授が日本の歴史歪曲(わいきょく)教科書に対して盛山正仁文科相に抗議メールを送った。

26日、徐氏は自身のソーシャルメディアに「最近日本政府の検定を通過させた中学校社会科教科書18種のうち半分以上が『独島(トクド、日本名・竹島)は日本の固有領土であり韓国が不法占拠している』という内容を記述している」とし「これに関連して本日(26日)朝、盛山正仁日本文部科学相に抗議メールを送った」と明らかにした。

文部科学省側と文部科学相のSNSアカウントに「独島は歴史的、地理的、国際法的に大韓民国固有の領土だ」とし、日本の明白な領土主権侵害をやめるよう求める趣旨で指摘したと伝えた。

また「日本政府は未来世代である中学生に対してうその教育をやめて周辺国家に対する基本的な礼儀から尽くしてほしい」と言及したとした。

徐氏は独島および鬱陵島(ウルルンド)観光活性化と独島コンテンツの活用など広報が切実だとも伝えた。「内外国人の独島・鬱陵島への訪問を増やして独島アニメやウェブトゥーンを製作して広報を強化しなければならない」と呼びかけた。