(TBSテレビ 2024/03/11)
中国・北京で、習近平国家主席らが暮らす「中南海」に車が突入したとされる映像がSNS上に投稿されました。全人代の開催で厳重な警備が敷かれる中、異例の事態です。

門の前に停車した黒い車を大勢の警備員が取り囲み、運転手とみられる人物が連行されていきます。これは、きのうX上に投稿された映像です。



映像について台湾メディアは10日未明、習近平国家主席の住まいもある政治の中枢「中南海」の正門「新華門」に車が突入しようとしたところ、敷地を囲むフェンスに阻まれ、停車したと報じています。

記者
「中南海前です。普段にはない赤いコーンが設置されています」

これについて中国国内では一切報じられていませんが、事件があったとされる現場周辺では厳戒態勢が敷かれています。


(中央日報 2024/03/12)

習近平中国国家主席の執務室であり官邸である北京の中南海の正門に向かって車が突進する事件が発生した。現場を写した映像には「殺人犯共産党」と叫ぶ声も入っていた

中国内最大政治行事である両会(全国人民代表大会と全国人民政治協商会議)の開催期間中に発生した今回の事件をめぐり「政治的デモ」の可能性が提起されている

三立新聞など台湾メディアは11日、中南海の正門である新華門に向かって黒い乗用車が進入を試みたがフェンスに阻まれ停車する事件が発生したと報道した。事件を写したとされる30分の映像がX(旧ツイッター)に公開され、各種インターネットプラットフォームを通じて拡散していると伝えられた。

公開された映像には黒いセダン車両が新華門の前に止まっており、黒い服を着た10人ほどの警備員が男性と推定されるドライバーを車から引きずり出して荒々しくどこかに連行する姿が写っていた。この動画には現場で何者かが「殺人犯共産党」と叫ぶ声も収録されていた。

20240312112652-1

中南海は天安門と人民大会堂などが隣接する中国政治の中心地で、習主席をはじめ現役とOBを含む中国指導部の大部分が居住しておりものものしい警戒がされている。それだけに今回の事件は極めて異例なことと評価される。

台湾メディアはこの事件が10日未明に起きたと報道した。中国最大の政治行事である両会が開かれている敏感な時期に発生したのが事実であるならば、現政権に対する反発が表出したものではないかとの解釈が出ている。