(朝鮮中央通信 2022/12/23)

朝鮮民主主義人民共和国外務省のスポークスマンは、日本の言論がわれわれが鉄道でロシアに軍需物資を輸送したという謀略報道を流したことを受けて22日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた

わが国がロシアに軍需物資を提供したという日本の言論の謀略報道は最も荒唐無稽(こうとうむけい)な世論作りであり、いかなる評価や解釈を加えるだけの価値さえないものである

ありもしない朝露間の「兵器取引」問題に対するわれわれの原則的な立場は、昨日も今日も変わりがない。

国際社会は、一部の不純勢力が異なる目的からつくり上げる朝露間の事実無根の「兵器取引説」に耳を傾けるより、ウクライナに各種の殺人武装装備を大々的に投入してこの国に流血惨劇と破壊をもたらしている米国の犯罪的行為に焦点を集中すべきであろう

この機会に一言付け加えるなら、ロシア人民は誰かの軍事的支援がなくても自国の安全と領土保全を守り抜く意志と能力を持つ最も強靭な人民である。---

2022年12月22日