(中央日報 2022/11/07)

韓国海軍が6日に日本で開かれた国際観艦式で戦犯旗である旭日旗に向かって挙手敬礼したことに対し誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)[徐坰徳]教授は「本当に恥辱的なことが起きてしまった」と明らかにした。

徐教授は7日、フェイスブックを通じ「日本で開催された国際観艦式で日本の帝国主義と軍国主義の象徴である旭日旗が掲揚された艦艇に向かって韓国海軍が挙手敬礼することになった」としてこのように話した。

20221107104936-1
▲旭日旗に向かって挙手敬礼中の韓国海軍将兵

徐教授は「今回は戦闘艦艇の代わりに補給艦を送ったためこれをめぐり観艦式のハイライトである対艦敬礼中に韓国の乗組員が敬礼する姿を見せないようにする趣旨という分析もあって、内心そうすることを望んでいたが懸念していたことが発生した」と話した。

続けて「失望的ではあるが、この状況で非難ばかりするのではなく、いまは代案を作らなければならない時であるようだ。今回のことを口実に日本はこれからさらに堂々と国際行事で旭日旗を持ち出すことは明らかだ」と付け加えた。

徐教授は「2週間後に迫ったワールドカップ・カタール大会がすでに心配になっているのは事実。ワールドカップ・ロシア大会当時、日本とセネガルのグループリーグの試合の際に日本のサポーターが旭日旗を直接振って応援する場面が全世界にテレビで中継され大きな議論になった」と言及した。

その上で「だがロシア大会開幕前にFIFA公式ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に日本の旭日旗応援写真が掲載されたことと、公式主題歌のミュージックビデオに出てきた旭日旗模様をインターネットユーザーらとともに力を集めてなくしたように、今回も気をしっかり持たなければならないだろう」と強調した。

徐教授は「どうか韓国国民が旭日旗の歴史を先に知り、旭日旗が戦犯旗であることを全世界に広く知らしめる『グローバルキャンペーン』をみんなで一緒に繰り広げるならば、地球上から旭日旗を必ずなくすことができるものと確信する」と話した。

韓国海軍は前日に日本の海上自衛隊が開催した国際観艦式で、海上自衛隊旗が掲げられた護衛艦「いずも」に向かって挙手敬礼をした。