(日本経済新聞 2022/08/03)

【台北=龍元秀明、北京=羽田野主】ペロシ米下院議長は2日夜、台北に到着した。米大統領の継承順位2位の要職である下院議長の台湾訪問は25年ぶりで、米国の台湾への強い支持を示す。3日午前に台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統と会談する。

中国は即座に対抗措置に動いた。中国人民解放軍東部戦区は2日夜から、台湾周辺での実弾射撃を含む軍事演習を開始したと発表した。「米国を震え上がらせる」としている。中国メディアによると、ペロシ氏の到着に合わせて空軍の戦闘機スホイ35が台湾海峡を横断した。

中国外務省は声明で「断固とした反対と強烈な抗議を申し入れた」と表明し、台湾当局と米国を非難した。

ペロシ氏は到着後に発表した声明で、「訪台は台湾の民主主義を支援する米国の揺るぎない関与を示すものだ」と強調した。中国を念頭に「米国は一方的な現状変更の試みに反対し続ける」と記した。

台湾の外交部(外務省)は「訪問を心から歓迎する。米国の台湾に対する揺るぎない支持が再確認された」との声明を発表した。呉釗燮・外交部長(外相)が空港でペロシ氏を出迎えた

台北のランドマークとして知られる超高層ビル「台北101」はペロシ氏の訪台にあわせライトアップされ、「民主主義の友に感謝」「米台友好は永遠」などと歓迎の言葉を表示した。

ペロシ氏の訪台を巡っては、7月28日の米中首脳電話協議で、習近平(シー・ジンピン)国家主席が「火遊びは身を焦がす」と強い表現で警告を発していた。「越えてはならないレッドライン」(王毅国務委員兼外相)と表明してきただけに、習指導部の面目は大きく損なわれた

ペロシ氏は1日にシンガポール、2日にマレーシアを訪問した。日韓も訪れることは正式に発表したが、台湾について明らかにしてこなかった。

世界の航空機を追跡しているフライトレーダー24によると、ペロシ氏を乗せた米軍機はクアラルンプールを2日午後に出発し、南シナ海を避けてフィリピンの東側を飛行して台湾に向かった。

台湾メディアによると、中国の税関総署が2日までに台湾の一部事業者を対象に水産物や加工食品の輸入を一時停止した。2日夕には、総統府のホームページが域外からのサイバー攻撃を受け、一時閲覧不能になった。

台湾の国防部(国防省)は戦闘機など中国軍の航空機21機が2日、防空識別圏(ADIZ)に侵入したと発表した。6月23日に22機が侵入して以来の規模となる。


(日本経済新聞 2022/08/03)

(略)米下院議長の訪台は1997年以来だ。当時のギングリッチ下院議長は先に北京を訪問し、江沢民(ジアン・ズォーミン)国家主席らと会談したうえで台湾を訪ねた

ギングリッチ氏は野党だった共和党の指導者で、当時のクリントン政権(民主党)とは対立関係にあったペロシ氏はバイデン米大統領と同じ民主党で、中国側は両氏の「結託」の疑念を持つ

当時は第3次台湾海峡危機の後で、米軍の空母部隊の実力をみせつけられた江指導部には対抗措置をとる選択肢もなかった。世界貿易機関(WTO)加盟を控え、対立激化は得策ではないとの判断もあったとされる。(略)

SnapCrab_NoName_2022-8-3_6-47-2_No-00

(日本経済新聞 2022/08/02)

【ワシントン=坂口幸裕】2日夜に台湾を訪問したペロシ米下院議長はかねて新疆ウイグル自治区などでの中国政府による人権弾圧を批判してきた。中国共産党が敵視するチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世らと面会したこともあり、対中国政策では強硬派で知られる

ペロシ氏は1987年に47歳で連邦下院選(カリフォルニア州)で初当選し、現在82歳。2007年に女性では初めて下院議長になり、19年に2度目の議長に就いた。11月の中間選挙にも出馬し、19回目の当選をめざす。父と兄は東部メリーランド州のボルティモア市長を務めた。

人権を重視し、中国共産党が学生らの民主化運動を弾圧した1989年の天安門事件の舞台になった天安門広場を91年に訪れた。その場で犠牲者を追悼するため「中国の民主主義のために亡くなった人たちに」と書いた旗を掲げた

22年2月の北京冬季五輪を巡っては、真っ先に米政府を含む各国に選手団を除く政府関係者の派遣を見送る「外交的ボイコット」を呼びかけ、米政府は従った

今回の訪台はペロシ氏自身の政治的遺産(レガシー)づくりという側面も透ける。中間選挙で与党・民主党は下院で多数派を失い、議長ポストを野党・共和党に明け渡す公算が大きいからだ。

大統領継承順位が副大統領に次ぐ2位の要職である下院議長の台湾訪問は25年ぶりで、議長在任中の訪台実現をめざしてきたとみる向きがある

同性婚や中絶の権利などを擁護するリベラル派だが、外交政策などでは若手の左派と一線を画して現実路線を採る。


(朝日新聞 2022/08/03)

 米連邦議会のペロシ下院議長(民主党)が台湾を訪問した直後の2日夜、中国軍は国営メディアなどを通じて台湾周辺で異例の大規模な軍事演習を行う方針を明らかにした。米国との軍事的緊張が高まるのは必至だ。日本にとっても、周辺海域で緊迫の事態が訪れることになる。

 中国国営新華社通信によると、中国軍は4~7日、台湾をぐるりと取り囲む複数の空海域で実弾による演習を行うことを決定。演習を行う空海域の通行を禁止した
AS20220803000126
また、中国軍で台湾を管轄する東部戦区は2日夜から、台湾の北部、西南部、東南部の空海域で空海軍による統合訓練を実施すると発表した。台湾海峡では長距離の実弾発射訓練を実施、東部でもミサイル試射を行うとしている。

 東部戦区報道官は一連の中国軍の活動について、「米国の後ろ向きな動きに対する厳正な威圧であり、台湾独立勢力への警告だ」と主張。ペロシ氏の訪台に応じる形の演習であることを明確に主張している。

 また、CGTN(中国国際テレビ)は2日夜、中国軍機が台湾の中間線を越えて飛行したと報道した。空母2隻が台湾へ向かったとの情報もある。

 中国のシンクタンクによると、米原子力空母ロナルド・レーガンの打撃群は1日現在、台湾南部のフィリピン東部に展開している。(北京=高田正幸)