(TBS 2022/07/11)

台湾の副総統がきょう、死亡した安倍元総理の自宅を弔問に訪れていたことがわかりました。断交以降、最高位の政府関係者の来日となります。

11日午後、東京都内の安倍元総理の自宅から出てきたのは台湾の頼清徳副総統です。弔問のため来日したとみられます。

台湾の総統府は「スケジュールなどについてはコメントしない」として私的な訪問として扱い正式な発表は行わない方針ですが、中国側が反発する可能性があります

また台湾メディアは立法委員の話として「頼副総統は蔡英文総統の指示で日本を訪れた」と報じています。

1972年に日本と台湾が断交して以降副総統の来日は政府関係者としては最高位となります。


(朝日新聞 2022/07/12)

 安倍晋三元首相の死去を受け、台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統が弔問のために頼清徳(ライチントー)副総統を日本に派遣したことについて、中国外務省の汪文斌副報道局長は12日の定例会見で「安倍氏が亡くなった機会を利用した台湾当局の政治的策略は成功しない」と批判。受け入れた日本側に対しても厳正な申し入れを行ったと明らかにした

 日本は台湾を独立国として認めておらず、現職の副総統の訪日受け入れは異例だ。汪氏は「台湾は中国の一部であり、いわゆる『副総統』は存在しない」とも語って反発を示した。

 安倍氏の死去をめぐって、中国は習近平(シーチンピン)国家主席と李克強(リーコーチアン)首相がそれぞれ岸田文雄首相に弔電を送り、深い哀悼の意を表明。馬朝旭外務次官も在中国日本大使館を訪問して記帳した。(北京=高田正幸)


(時事通信 2022/07/12)

 林芳正外相は12日の記者会見で、台湾の頼清徳副総統が故安倍晋三元首相の弔問のために来日したことについて、「葬儀に参加するため、あくまで私人として私的に訪日をしたものと承知している」と述べた。日本は1972年に台湾と断交しており、林氏は「台湾との関係を非政府間の実務関係として維持するというわが国の基本的立場には、なんら変更はない」と強調した。