(聯合ニュース 韓国語 2020/12/01)

〇ナイキのユーチューブ広告、3日で照会数910万件

在日朝鮮人学生の差別問題などを扱ったナイキ[NIKE Japan]の広告が日本で話題を集めている

ナイキが先月28日にユーチューブに掲載した2分の広告映像を見ると、日本の学校で差別といじめに苦しむ10代の少女サッカー選手3人が登場する

このうち1人は日本,兵庫県尼崎市にある在日朝鮮中級学校(中学校)[学校法人兵庫朝鮮学園「尼崎朝鮮初中級学校」]に通う学生だ

この学生は、本来、在日朝鮮学校に通っているが、ナイキの広告では日本の学校に通って差別を受けていると描かれている

広告には彼女がスマートフォンで『現代の在日問題を考察する』という題名の連載コラムを読む姿が出てくる。

彼女が白いチョゴリと黒いスカートを着て通り過ぎると、過ぎ行く男性たちが眺める場面も登場する。

AKR20201201090300073_01_i_P4

この学生が着ている運動服の背面には元々『YAMAMOTO』という日本式の姓が記されているが、広告の終盤にはその上に『KIM』と堂々と上書きした場面も出てくる。

AKR20201201090300073_02_i_P4

この広告には、黒人と日本人の間に生まれた混血の学生が日本の学校でいじめられる様子も登場する。また他の1人は同じ学校でいじめを受けていると描かれている日本人の学生だ。

AKR20201201090300073_03_i_P4

それぞれサッカーの練習に没頭していた3人は、同じチームでサッカーの試合をしてスポーツの力で差別といじめを克服するというのがナイキの広告の内容だ。

この広告のユーチューブ照会数は1日午前11時現在、910万件に達するほど日本で関心を集めている。

広告に出演した在日朝鮮人の学生は実際に中学校サッカー選手で、北韓[北朝鮮]の国家代表になることが夢という

この学生は広告に描かれたのとは違い、日本の学校ではなく在日朝鮮学校に通っているが、差別を越えようという広告の趣旨に応えて出演することになったと在日朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関係者は伝えた。(機械翻訳 若干修正)


>在日朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関係者は伝えた。

学校が許可を出したり間に立ったのではなく、朝鮮総連が直接かかわって出演したんですね。




20201201125141No0000

リアルな実体験に基づいたストーリー?????
  goshi


よかった・・・いじめられている日本の学校に通う在日朝鮮人はいないんだ。
    jwb1545