(中央日報 2020/10/16)

米国航空宇宙局(NASA)は13日、月面基地の平和的な運営と月資源の開発協力などを盛り込んだアルテミス協定の署名を完了したと明らかにした。アルテミス計画は1969~72年の米国有人探査以降、半世紀ぶりに人類が再び月を探査するという計画だ。今回の協定には米国・日本・英国・オーストラリア・カナダ・イタリア・ルクセンブルク・アラブ首長国連邦(UAE)など8カ国が署名した。

人口960万人のUAEが含まれたのは異例だ。UAEは2014年宇宙庁を設立し、2018年まででさえ韓国の人工衛星製作企業SI(サトレック・イニシアチブ)社から衛星の輸入や技術を移転を受けていた国だ

UAEに人工衛星技術を伝授し、月面探査計画も進めている韓国は今回の協定に名刺すら出せなかった

アルテミス協定に参加した8カ国はこれまで宇宙探査に関連して米国政府・企業と積極的に協力した国々だ。日本の安倍晋三氏は首相だった昨年、「日本の宇宙開発戦略本部はNASAが推進する月回帰事業に参加することに決めた」と明らかにした。カナダ宇宙局は今年6月、アルテミス計画のための次世代ロボットの腕「カナダーム3(Canadarm3)」の開発のために関連企業と契約を交わしたと発表した。

宇宙開発では「新生国」というべきUAEも、これまで多様な努力を傾けてきた。人工衛星の技術独立を推進して国際宇宙ステーション(ISS)に派遣する宇宙飛行士の養成、無人火星探査研究のようなプログラムを地道に進めてきた。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の余波で中止になったものの、今年国際宇宙会議(IAC)をUAEの主要都市であるドバイに招致した。

UAEは100年後「火星移住」というビジョンも提示した。遠大さを越えて荒唐無稽という印象も与えるが、それだけ宇宙開発に対する熱意が感じられる。UAEの火星探査プロジェクト責任者であるOmran Sharaf氏は最近の中央日報とのインタビューで「何不自由なく成長するUAEの未来世代に石油時代以降のビジョンを与えるためのもの」と話した。

これまで韓国が何もせずに見物だけしていたわけではない。2018年末、韓国政府は関連プログラムに参加するという意思を明らかにする書簡をNASAに送った。だが、それだけだった韓国の無人月探査日程はゴムひものように伸びて延期になるということを繰り返した。第2段階である月着陸計画はますます霧の中だ。「今後の動向を見守って決める」というのが当局の立場だ。

世界主要国はすでに月と宇宙を戦略的資産とみている。好奇心と研究・開発(R&D)の領域を越えて未来の新成長産業を育成する次元に持っていこうとしている。ドナルド・トランプ米国大統領は2017年就任以降、宇宙開発への意志を公然と表明した。トランプ氏は「宇宙開発は国家安全保障の課題であり、他の国が米国より優位を占めることを容認できない」と話した。翌月の米大統領選でどちらの候補が当選しても宇宙開発に対する米国の意志は変わらないだろう。UAEの宇宙開発への意志も米国に負けない。数年後、UAEを含めた8カ国が月に宇宙飛行士を派遣する時、大韓民国は相変らず無人月探査計画だけに鉢巻きをしていなければならないのだろうか。クォン・ユジン/産業2チーム記者


 日・米・加・英・伊・豪・ルクセンブルグ・UAEの8カ国間で国際宇宙探査に関する宣言、アルテミス合意に署名(文部科学省 2020/10/14)

  アルテミス合意は、米国提案の国際宇宙探査「アルテミス計画※」を含む広範な宇宙空間の各国宇宙機関による民生宇宙探査・利用の諸原則(宇宙空間の遺産の保全や宇宙活動の衝突回避等)について、関係各国の共通認識を示すことを目的とした政治的宣言です。

  10月14日未明(日本時間)、国際宇宙会議(IAC)において、日・米・加・英・伊・豪・ルクセンブルグ・UAEの8カ国による署名式がオンライン形式で開催され、日本は萩生田大臣と井上宇宙政策担当大臣が参加しました。

アルテミス計画・・・米国が提案している国際宇宙探査計画で、2024年有人月面着陸、2030年代の有人火星着陸を目指すと発表されている。また月周回有人拠点「ゲートウェイ」を構築する計画を発表し、日本政府も参画を表明している。7月には、萩生田大臣とブライデンスタインNASA長官との間で、アルテミス計画における月探査協力に関する共同宣言に署名した。


韓国が参加しなかったのか、させてもらえなかったのか知りませんが、何にしても↓ではムン大統領としては参加できないですよね。

(KBSニュース 韓国語 2020/10/14)

アメリカと日本、イギリス、オーストラリアなど8か国が月探査に協力する内容の『アルテミス国際協定』を締結しました。(略)

今回の協定は、中国の宇宙崛起を牽制するため、アメリカが7か国とともに月探査連合体を結成したという評価が出ています

AFP通信は「今回の協定は2024年までに人類を再び月に送るアメリカの『アルテミス』プロジェクトに7か国が参加する道を開き、アメリカの宇宙探査競争国である中国を排除した」と報道しました。

AP通信も「中国は完全に排除された」とし「アメリカの現行法上、NASAは現在、中国といかなる形態の2国間協定も締結することが禁止されている」と強調しました。

AP通信は引き続き、ロシアの場合、アメリカ主導のアルテミスプログラムより、国際宇宙ステーションの運営と同じ協力モデルを好むという立場とし、「ロシアは依然として曖昧な態度を取っている」と伝えました。(略)(機械翻訳 若干修正)


ちなみに、

>2018年末、韓国政府は関連プログラムに参加するという意思を明らかにする書簡をNASAに送った。

アルテミス計画の月に関する部分は、月周回有人拠点『ゲートウェイ』[月軌道プラットフォームゲートウェイ Lunar Orbital Platform-Gateway, LOP-G 月近傍有人拠点]の建設に関わる部分と、月面での活動(月面の科学研究や、資源利用の研究)に関わる部分とベースが2つに分かれていて、韓国が参加表明したのは『ゲートウェイ』建設です。

しかし、アメリカ側からは何の連絡もないようです・・・
2019年07月09日