(聯合ニュース 韓国語 2020/07/28)

○ドイツ代表する博物館フンボルトフォーラムの韓国館の計画面積、中・日の10分の1
○『植民地主義反省』掲げたフンボルトフォーラムの目標と逆行…植民地史観投影の指摘も
○韓国から来た当局者数回訪問だけ…面積増加時、韓国側遺物レンタル可能だろうか

AKR20200728003200082_03_i_P4
▲去る2月末、工事中のベルリンのフンボルトフォーラム

「朝鮮は16世紀から19世紀まで清国の属国であり、1905年から日本の植民地だったため、ドイツの収集家が韓国文化に関心を持ちませんでした。」

去る24日(現地時間)、ドイツ,ベルリンで開かれたフンボルトフォーラム(Humboldt Forum)韓国館展示案に対するワークショップで、フンボルトフォーラム側展示担当者が述べた言葉だ

再建中のプロイセン王宮に入るフンボルトフォーラムは、博物館などの機能を有した複合文化・芸術空間だ

過去の帝国主義を象徴する空間に植民地主義に対する反省を込め、アフリカやアメリカ、アジアなど非ヨーロッパ地域の遺物などを展示する。植民地時代に略奪した文化財を展示するイギリスの大英博物館とは展示の方向性が全く異なる。

フンボルトフォーラムは、韓国で言えば再建した景福宮を博物館として活用するものである。位置もベルリンの中心街で、年間300万人以上の観光客が訪れる『博物館島』[ムゼウムスインゼル]の直ぐ前だ。『博物館島』には歴史博物館などドイツの主要な国立博物館および美術館が集まっている。

このような理由から「21世紀でドイツ最大の文化プロジェクト」と公然と称される

AKR20200728003200082_06_i_P4
▲ウンター・デン・リンデン通りを間に置いたフンボルトフォーラム(右側から)とベルリンテレビタワー、ベルリン大聖堂

AKR20200728003200082_07_i_P4
▲去る2月末、フンボルトフォーラム近くの橋と『博物館島』

ワークショップ参席者が伝えた展示担当者の『属国』発言は、担当者の歴史認識でもあり、過去のドイツ社会の認識を説明したものでもある

ところが、現在予定されている韓国館の規模と地位などを見ると、歴史に対する誤った認識が現代まで続いているようだ

韓国館の予定面積は60㎡だ。外部に公開された一部の図面上では、中国館と日本館のそれぞれ10分の1程度の大きさに過ぎなく見える。確保された韓国の展示品は160点に過ぎないが、中国と日本の展示品は数千点である。韓国の展示品が少ない点は面積を小さく割当られた理由の一つとして作用した。

しかも、韓国館の位置は中国館内の片側にある。観覧客に韓国文化が中国の辺境文化の一つとして誤解を受けるのがおちかもしれない

AKR20200728003200082_05_i_P4
▲フンボルトフォーラムホームページに公開された図面を基に作った韓国館(左上の青い線内)と日本館(赤)、中国館(オレンジ)空間

※日本美術展示室は、新しい建物の北西角最上階に当たる3階に入る予定である。展示室は長さ35メートル、幅21.5メートルほどの長方形で、総床面積は約750平方メートル、北側と西側の壁二面に窓が並ぶ。【「フンボルト・フォーラム・ベルリンの日本美術展示室:概要とプレビュー」より一部抜粋】

特に韓国文化に対するこのような待遇は、ドイツ社会がフンボルトフォーラムを設立することを決めて掲げた価値と逆行する

フンボルトフォーラムの場所にあったプロイセン王宮は、ドイツ帝国主義の本山であった。第1次世界大戦を起こしたドイツのヴィルヘルム1世が居住して帝国の野望を育てた所だ。第2次世界大戦当時に破損し、東ドイツ時代に解体されて人民宮殿[共和国宮殿]が建てられた。1990年のドイツ統一後、ドイツ社会は激しい社会的論争を行った末、人民宮殿を取り壊してプロイセン王宮を再建することにした。ただし、ドイツ帝国主義の風貌を復元しようとする意図を排除し、帝国主義と植民地主義の弊害を表わす場所として作ろうという合意を前提とした

ドイツ社会がナチス時代とユダヤ人虐殺などに対して反省を着実にしてきた反面、過去の植民地であったナミビアでの種族集団虐殺など植民地時代に対する反省が足りなかったという点も作用した。

フンボルトフォーラムが、過去の歴史に対する反省とヨーロッパ中心主義的偏向性の克服を通じて、国際社会で自由民主主義の先導者の役割を果たすいうドイツの意志を示す大型文化建築物であり、空間として企画されたのだ。しかも、展示館を越え、学術と文化交流が行われる空間として設計されている。

このようなフンボルトフォーラムの象徴性を勘案する時、現在計画された水準の韓国館は後々まで議論になりかねない。韓国の歴史に対する屈折した認識をフンボルトフォーラムを訪れる外国人に植え付けることになり得る点も問題で、韓国人観覧客も韓国館の相対的なみすぼらしさに顔を赤めることになり得る

フンボルトフォーラムで、韓国館は去る2012年に設置が議論され、2014年頃にフンボルトフォーラム主管団体であるプロイセン文化遺産財団およびベルリン国立博物館と、韓国の国立中央博物館が了解覚書(MOU)を締結して議論が本格化した韓国館の規模などについて、2014~2016年間に輪郭が固まったと関係者たちは伝えた。

フンボルトフォーラムに入る韓国の遺物は、ベルリンのアジア博物館などが確保しておいたものだ。予算の問題で自主的に追加で確保することは容易ではないという

このため、フンボルトフォーラム側展示担当者は、韓国の現代美術を加味する実験的な展示も悩んでいるところです。南北韓[韓国・北朝鮮]など韓半島[朝鮮半島]の現実を現代美術に投影して、遺物と調和を作り出す方法を模索してみようというアイディアもワークショップで提示された。遺物だけ展示する一般的な博物館とは異なる試みだ。

このような実験も意味があるだろうが、根本的に韓国館の面積が追加で確保されず、配置が変わらないなら、植民地主義を克服するというフンボルトフォーラムが、現代社会で歪曲された植民地主義の観点を持っているという批判を避けることは難しいだろう

フンボルトフォーラムが韓国の日帝強占期に対する認識も持っているならば、反植民地主義を掲げたフンボルトフォーラムの旗印に合致して、韓国館の展示でこの部分を強調することもできる

現地の韓国人芸術界関係者は、韓独間でMOUが締結された上、最近1~2年間に中央部処[省庁]および文化財機関関係者の多数がベルリンを訪問し、フンボルトフォーラムを訪れた点を上げ、韓国当局も事実上、この問題を放置していると指摘した。

面積の追加確保が可能ならば、韓国で遺物をレンタルする方式で十分に韓国館を整えることができるというアイデアも、現地韓国人芸術界から出ている。現地のある韓国人芸術界関係者は28日、「フンボルトフォーラムがドイツの代表的な博物館であるだけに、韓国側の協力は難しくないかもしれない」と観測した。

フンボルトフォーラムは、当初、今年の夏に開館予定だったが、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)拡散事態で工事と展示準備が遅れ、今年末に部分的に開館する。(機械翻訳 若干修正)


>確保された韓国の展示品は160点に過ぎないが、中国と日本の展示品は数千点である。
>展示担当者は、韓国の現代美術を加味する実験的な展示も悩んでいるところです。

韓国スペースが小さい理由は「今のスペースですら埋められない」ってはっきり分かっているのに長々と・・・