(ソウル経済 韓国語 2020/07/23)

○日本産、性能・価格で国産を圧倒
○配達用125㏄級の占有率80%

昨年の日本の輸出規制に触発された国内の日本製品不買運動が続いているが、配達用バイク市場では『メイドジャパン』が猛威を振るっている『Noジャパン』風が配達用バイク市場では無風に近いわけだ。

1Z5EXWYRYI_1

21日、関連業界によれば、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の余波で配達需要が急増しながら、国内配達用バイク市場も共に急成長している。特にメッシュコリア[Mesh Korea]やバローゴ[Barogo]のような国内主要配達代行スタートアップのライダーが増加する速度に比例して、日本産バイクの需要が増加しているという。

特に125cc級配達用バイクは、国内製造会社が関心を持たなかった分野で、相対的にホンダやヤマハなどのような日本製品が市場の80%を掌握し、事実上、独占しているという

日本産バイク輸入業者はこのような雰囲気に合わせ、価性比[価格対性能比 コストパフォーマンス]などを前面に出して、市場占有率を早いテンポで拡大している。ある大型配達代行スタートアップのライダーチーム長は「配達ライダーは100%ホンダやヤマハなど日本製品だけを求める」とし「性能など価性比を計算すれば、国産バイクがついていけないほど」と話した。また他の配達ライダーは「国産バイクは2年乗れば捨てなければならないほどなので中古価格自体がないが、日本バイクは同じ期間を使っても一定の金額で中古で売ることもでき、初期購入費用は(国産に比べて)高いがライダーは日本産を好む」と説明した。

実際、メッシュコリアの場合、今年3月にライダー増加率が前月比で36%も増えた。バローゴも同期間に55%増加した。ペダルミンジョクも去る5月の月別注文増加率が前月比で63%も増えた。ライダーが増えれば増えるほど日本バイクの需要へとそのままつながるわけだ。

配達用バイク市場で日本産が不買無風地帯に置かれているのは、テリムとKRモータースなど国産バイク製造会社の競争力が落ちているためという分析だ。コロナ19以前はオンライン配達市場が今のように急成長しなかったため、配達用バイク市場も停滞してきたため、国産バイク企業などがきちんと対応をできなかった。テリムバイクとKRモータースなど国産バイク企業の市場占有率は30%水準にとどまっている。国内バイク市場は年間10万台余りの水準で、去年、テリムとKRモータースは3万1,000台余りの販売にとどまった

オンライン配達市場が今後さらに急激に成長する可能性が高いため、日本産配達バイクに対する依存度はさらに大きくなる見通しだ。実際、コロナ19でヤマハの配達用バイク『エヌマックス』の輸入が支障をきたし、日本バイクの価格やリース費用が跳ね上がっているという。代替関係にある国産バイクが振るわず、日本産が市場独占を通じて“甲”の位置に浮上しているというのだ。一歩遅れて、テリムバイクは私募投資ファンドを新しいオーナーに迎え入れて再起を準備中だという。私募ファンドはテリムバイクを買収し、企業間取り引き(B2B)用レンタルサービスを拡大する計画だという。(機械翻訳 若干修正)


二輪車輸入業者の団体がこんなこと↓をしてたのにね。

IE002536438_STD
2019年08月19日