(朝鮮日報 2020/07/26)

社会部=朴国熙(パク・ククヒ)記者

 韓国社会で最も男性中心的な組織と言われる検察で、「MeToo(性暴力被害の告発)」運動のたいまつを掲げ、女性の人権について勇敢にも声を上げたのが徐志賢(ソ・ジヒョン)検事だ。組織内で反感を買うという危険を冒して上司のわいせつ行為・セクハラ(性的嫌がらせ)を暴露し、その後も女性の人権や性犯罪に関して声を上げ続けてきた。訴状だけで発言するという、検事としては異例の活動だった。

 昨年3月に歌手チョン・ジュニョンらの集団性暴力事件が発生すると、徐志賢検事は「進歩とは何なのか。強者たちが力で弱者たちを抑圧するのを断ち切ろうということではないか。これはフェミニズムでも過激主義でもない。ただ、犯罪者を処罰しようということだ」と強調した。今年3月、「今年の女性運動賞」を受賞した時は、「私には夢があります。MeTooが広がっていく世界ではなく、MeTooがなくなる世界で暮らすことです」とも言った。

 秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官は今年1月、異例なことに徐志賢検事を男女平等政策特別諮問官に任命した。

今年3月には韓国最大規模の性搾取事件「n番部屋事件」対応のためのタスクフォース(TF=作業部会)対外協力チーム長にも任命
した。徐志賢検事は今月初め、児童ポルノサイト運営者で懲役刑を言い渡され、服役したソン・ジョンウ氏に対して、韓国の裁判所が米国送還を許可しないとの決定を下すと、「権威的なでたらめ」と一喝した。異例の活動が続いたことから、徐志賢検事に対して「もしかしたら、政治家になろうとしているのではないのか」という疑問の声が絶えなかった。それに憤りを感じたのか、徐志賢検事は昨年の記者会見で、「政治家になる考えはない。なぜ被害者がこのような2次被害を受けなければならないのか」と言った。

 ところが徐志賢検事は朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の自殺以降、沈黙している。今年4月に呉巨敦(オ・ゴドン)前釜山市長のわいせつ行為・セクハラ事件の時も、その前の安熙正(アン・ヒジョン)前忠清南道知事事件の時も、何の声も上げなかった。徐志賢検事のフェイスブックには、秋美愛長官らの記事を転載し、「秋飛御天歌」(秋長官をたたえる歌・言葉)を並べた投稿ばかりが目につく。

 皮肉なことに、朴元淳市長の被害者の弁護人は、徐志賢検事のセクハラ事件の弁護を引き受けた金在蓮(キム・ジェリョン)弁護士だ。 2年前から徐志賢検事を支持してきた多くの女性団体が一斉に今回の事件の真相究明を要求し、20代女性の79%が「真相調査が必要だ」と世論調査で答えた。人々は「2次被害を受けている朴元淳市長の被害者のことは、徐志賢検事が誰よりもよく理解している」と信じていた。ところが、「これまでと同じようにこの問題についても立ち上がってほしい」という要求に、徐志賢検事は「パニック障害が再発した」と病気を理由にコメントを避けた

 徐志賢検事を男女平等政策諮問官に任命した秋美愛長官は「賭博のような不動産投機ブームに法務部長官が沈黙するのは職務放棄」と政界に口を挟みながらも、いざ人権守護の主務長官として立ち上がるべき時には朴元淳市長の被害者に対して沈黙し、職務放棄している

「フェミニスト」を自任する文在寅(ムン・ジェイン)大統領からして一言も発していない。これらの人々は「MeToo運動」の判断基準も政治的見解や陣営論理によって違うのだろうか。もしそうならば、女性をはじめとする弱者の人権を口にする資格はない