(聯合ニュース 韓国語 2020/07/20)

○飛沫感染あるとしながらつじつまの合わない対応…「軍国主義的」と批判

日本,東京都の公立中高等学校は、今年の卒業式の際、日本の国歌である君が代をすべてが斉唱したことが分かった。

飛沫(唾のしぶき)を通じて新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が拡散するのを防ぐために校歌は歌わないのに、君が代だけ例外的に斉唱するなどつじつまが合わない対応をした学校があり、論議を呼んでいる。

東京にある都立の中学校・高等学校・特別支援学校など253校が、今年3月に実施された卒業式ですべて君が代を斉唱したものと、各学校が教育委員会に送った報告書で確認されたと東京新聞が20日、報道した

9993336bddcfe28373c3d03672202975_1

報道によれば、飛沫感染の可能性を懸念して卒業式の際に校歌や他の歌を団体で歌う計画をあきらめた学校もあったが、君が代は例外なく斉唱した

本格的な卒業式シーズンに先立ち、安倍晋三,日本総理が全国の学校の一斉休校を要請した後、各地方自治体から飛沫感染を防ぐために卒業式の際に歌を歌わない案に関する問い合わせが続いた。

東京都教育委員会は、卒業式行事の時、歌を歌うことに関しては現場の判断に任せるという趣旨の意向を今年2月28日に表明した。

しかし、教育委は直接管轄する都立学校には「国家斉唱を行う方針に変更ありません」と通知、結局、各学校がこぞって君が代を斉唱したものと見られる

3ff50805efd8ed21b5af3_R

卒業式の時、記念合唱などを取りやめながら、君が代は歌った学校もあった。

ある都立学校教師は「生徒自ら選び、練習してきた合唱も取りやめになった。どうせ歌うなら君が代ではなく、思い入れのある曲を歌わせたかった」と惜しさを表わした。

彼は当時マスクをしていない学生もいたとし、「生徒の健康より君が代を優先するということ。明らかに軍国主義的だと思う」と批判した

他の都立学校教師は「(飛沫感染を避けるため)一人ずつ卒業生の名前を呼ぶことすらしない学校もあったのに、君が代は歌う。異様だけど、都教育委員会から言われたら管理職は逆らえない」と話した。

一線の学校が常識から外れる対応をしたのは、君が代と関連して、これまで当局が強圧的な対応をしてきた結果という分析が出ている

君が代の歌詞は「君の治世は、千代に八千代に、小さなさざれ石が大きな岩となり、苔が生えるまで」となっている。

東京新聞は、このような歌詞が「天皇の世の永続」を願うものであり、軍国主義の色彩が残っていると評価した

学校行事で、君が代斉唱の時、起立しない方式で抵抗の意思を示してきた教職員がいたが、東京都教育委員会は2003年10月、起立と斉唱を強制するいわゆる『10・23通知』を命令し、これに従わないこれらを懲戒してきた。

世取山洋介,新潟大准教授(教育政策)は「何百人も懲戒処分してきた結果。謳わないことが合理的なのに、萎縮して判断できない教育現場の“思考停止”を表している」と論評した。(機械翻訳 若干修正)


飛沫懸念で校歌やめても「君が代」は斉唱 卒業式に都教委が指示
(東京新聞 2020/07/20)

◆コロナ感染拡大中の3月、都立校の全てで

 新型コロナウイルス感染拡大中の3月、東京都立学校253校(当時)全ての卒業式で「君が代」が斉唱されていたことが、都教育委員会への取材で分かった。同月2日から全国一斉休校となり、飛沫感染を懸念する学校もあったが、実施を求める都教委の指示に従っていた。専門家は「歌わない教職員の処分が繰り返され、合理的な判断ができなくなっている」と指摘する。 (石井紀代美)

◆「方針に変更ありません」と通達

 都教委は毎年、都立校や区市町村立校から日の丸掲揚や君が代斉唱の「実施状況報告書」を集めている。本紙が入手した2019年度の都立校の報告書によると、今年3月1日から同月下旬までに卒業式を行った中学、高校、特別支援学校など全校が「国歌斉唱した」と回答していた。

 都教委の説明などによると、安倍晋三首相が全国一斉休校を打ち出した2月27日までに、自治体から「飛沫感染防止策として歌わないことを考えている」「歌わないと、服務事故扱いになるのか」などの問い合わせがあった。

 都教委は翌28日、現場の判断に任せる旨の文書を送った上で、直接管轄する都立校には「国歌斉唱を行う方針に変更ありません」と文書で通知世田谷区や杉並区の学校は歌わなかったが、都立校は全て斉唱した。ある校長は「歌わないことも考えたが、文書が来たので国歌だけ歌った。校歌など他の歌は感染リスクを下げるために歌わなかった」と話す。

◆処分続きで「現場が思考停止」

 都教委の桐井裕美主任指導主事は「感染状況が現在ほどひどくなかったので、適切に教育課程を実施するため指示した。時間短縮や参加者制限などの環境も整え、適切だった」と説明。当時はマスクが品薄だったが、参加者の装着状況は把握していないとしている。

 新潟大の世取山洋介准教授(教育政策)は、思想・信条の自由から「君が代」斉唱時に起立しない教職員に都教委が処分を続けてきたことを挙げ、「何百人も懲戒処分してきた結果。歌わないことが合理的なのに、萎縮して判断できない教育現場の思考停止を表している」と話している。


(東京新聞 2020/07/20)

◇健康より優先「軍国主義的」

 コロナ禍の中、全二百五十三校が「君が代」を斉唱していた都立学校卒業式。感染を防ぐため、時間を短縮し出席者を絞るなどした教職員からは、東京都教育委員会の指示に「異様」「合唱は削ったのに」と疑問の声が上がる。飛沫感染のリスクも顧みず「君が代」だけを特別扱いする背景に、専門家は戦時中の軍国主義教育の影を指摘している。(石井紀代美)

◇教職員から疑問の声

 「生徒自ら曲を選び、練習してきた合唱は取りやめになった。どうせ歌うなら『君が代』ではなく、思い入れのあるそっちを歌わせたかった」。今年三月、卒業生を見送った学級担任の男性教諭は、やりきれない思いをにじませる。

 感染リスクを下げるため、保護者も在校生もいないさみしい卒業式だった。都教委から時間短縮の指示を受け、式次第は卒業証書授与など必要最低限に圧縮したが、「君が代」は指示通りに斉唱することになった。

 「感染リスクがあるから合唱を削ったのに、他のクラス担任も『えっ、何で』と驚いていた。生徒の健康より『君が代』を優先するということ。明らかに軍国主義的だと思う」

 別の都立校の女性教諭は「一人ずつ卒業生の名前を呼ぶことすらしない学校もあったのに、『君が代』は歌う。異様だけど、都教委から言われたら管理職は逆らえない」と明かす。

 現場が都教委を恐れるのには理由がある。卒業式や入学式の国歌斉唱時、起立しない教職員らを容赦なく懲戒処分してきたのだ。

 歌詞が「天皇の世の永続」を願う「君が代」は、教育勅語とともに「大日本帝国」下の軍国主義教育に採り入れられた。そのため、斉唱に抵抗がある教職員は、起立せずに不服従の意思を示してきた。都教委は、二〇〇三年十月二十三日、起立斉唱を強制する「一〇・二三」通達を出すなどし、従わない教職員に懲戒処分を繰り返してきた。

 この都教委の方針は、新型コロナ感染拡大後でも変わらなかった。一斉休校中の今年三月、国内の感染者は千人を突破し、東日本大震災追悼行事などのイベントは中止になっていた。卒業式でも、感染リスクを少しでも下げる必要があったのは明らかだ。

 さらに問題なのは、飛沫対策が不十分だったこと。前出の教諭はいずれも「マスクをしていない生徒がいた」と証言した。呼吸器内科医の倉持仁氏は「歌えばつばが飛ぶ。マスクをしても脇から後方へ漏れる。今年は歌わず、音楽を流して対応すべきだった」と話す

 重症化リスクが高い、障害のある子どもたちが学ぶ特別支援学校でも、「君が代」を斉唱した。元教諭・渡辺厚子氏は「呼吸器に疾患がある生徒も、鼻にチューブを入れていてマスクをしっかりできない生徒もいる。命を守るためにも、歌うべきではなかった」と断言する

 中京大の大内裕和教授(教育社会学)は「今春の卒業式で、何よりも『君が代』が大事だというメッセージを子どもたちに送ってしまった。本来、生徒の卒業を祝う儀式が、国家主義イデオロギー注入の場になっている」と批判する。

「おかしいことでも、長いものに巻かれ強いものに従う先生を、子どもたちは見せつけられている。これでは、民主主義を育てる教育が期待できない」

 大内氏は「思想・良心の自由を定めた憲法一九条を巡って、国歌斉唱の強制は議論されてきた。全校斉唱で新たに、子どもが安全に教育を受ける権利を侵害するという二六条についての議論が加わった」と指摘した。


柔軟な対応ができない(しない)のは、生徒のことを思っているふりをしながら生徒を利用し、少し隙を見せるとそれを口実にして騒ぐ人たちが原因だと思いますね。