(ハンギョレ新聞 韓国語 2020/06/30)

○ケンブリッジ辞典の『enshrine』(神聖な場所に大事に保管する)
○例文として『靖国神社に安置』挙げる
○韓国就準生「例文を修正してほしい」と問題提起
○駐英大使館「戦犯葬られた場所に使用は不適切」
○出版社「指摘ありがとう」と快く修正

ある就業準備生の問題提起で、全人類が利用するイギリス『ケンブリッジ辞典』[Cambridge Dictionary]から日本帝国主義の象徴である『靖国神社』と関連した不適切な例文が削除されたことが確認された。ケンブリッジ辞典は、韓国語で『(神聖なところに)奉安する』、『大切に保管する』という意味がある単語『enshrine』を説明しながら、例文に「靖国神社に安置された」という意味の文章を使用してきた
―--------------------------------
※参考
enshrine (
新英和中辞典 研究社

1 <…を>〔神聖な場所に〕安置する 
  Relics of St. Patrick are enshrined in this cathedral.
  聖パトリックの聖遺物はこのカテドラルに安置されている.

2 <記憶などを>〔心に〕秘める, 大事にする 
  Her memory is enshrined in his heart.
  彼女の思い出は彼の胸に秘められている.
―--------------------------------
駐イギリス韓国大使館は『ハンギョレ』に「去る5月、ケンブリッジ辞典の出版社側に『enshrine』単語の例文を修正してほしいと要請し、去る20日、他の文章に修正された」と30日、明らかにした

大使館関係者は電子メールで進行されたインタビューで「去る4月に国民申聞鼓を通じて提起された問題を出版社側に修正要請したのが受け入れられたもの」と伝えた。当初、ケンブリッジ辞典は英単語『enshrine』の例文として「約250万人の死者が靖国神社に安置されている(Almost two and a half million dead are enshrined at Yasukuni)」という文章を使用してきたが、今は直された状態だ
20200630501348

ケンブリッジ辞典の例文に対する問題提起は、韓国のある就業準備生から始まった。自分を韓国の就業準備生だと紹介したㄱ某氏は、去る4月、国民申聞鼓サイトに書いた文でこの例文について「『enshrine』は韓国語では『大切に保管する』という意味を含んでおり、非常に神聖な場所に大事に保管するという意味だ。靖国神社には戦犯加害者、すなわち、朝鮮、大韓帝国を植民地にして、大韓民国の歴史以前の私たちの根を破綻させ、メッタ切りをした人々が葬られている所だ。こうした場所を神聖な場所と称して単語を説明することが理解できない」と主張した。

この文を取り上げた駐イギリス韓国大使館側の対応は敏捷だった。大使館は直ちに辞典を出版したケンブリッジ大学出版社[Cambridge University Press]側に修正を要請した。大使館は出版社に送った電子メールで「靖国神社は19世紀に建設されて以降、数多くの日本人たちの魂を賛える所として使用されているが、第2次世界大戦のA級戦犯が一緒に葬られており、日本が過去の軍国主義を美化するための象徴として依然として活用しているという点で、依然として議論になっている場所だ。多少神聖な感じを与える単語である『enshrine』の例文で靖国神社に関する内容が使用されるのは不適切で鈍感である」と明らかにした。

以後、出版社側は「大使館の指摘と主張を十分に理解する。見逃した点を指摘してくれてありがたい」としながら、該当例文を去る20日に修正した。現在、ケンブリッジ辞典にはこの例文が「この写真のアルバムには多くの思い出が込められている(a lot of memories are enshrined in this photogoraph album)』という文章に変わっている。
20200630501349

国際社会では、本や政府の公式文書で『靖国神社』を説明する文章にこの単語(enshrine)が依然としてよく使用されている。今回のケンブリッジ辞典の修正措置で、他の文書もようやく修正に出るものとみられる駐イギリス韓国大使館関係者は「全世界の数多くの英語学習者が参考にする英語辞典に、歴史的無理解から始まった例文がこの他にも多く存在し得るるという気がした。意図的というよりは、正確な歴史的事実を知らないため、そのようなケースが大半だろう」としながら「このような事例を着実に探しだし、出版社などに正しい歴史的事実を知らせ、歪曲されたり不適切な文章は交替、修正の要請する作業を継続していく」と話した。(機械翻訳 若干修正)