(コリアタイムズ 韓国語 2020/01/11)

〇スタビスキー、ブラウンスタイン議員が法案上程
〇2013年以降、8年目の挑戦

ニューヨーク州上・下院が教科書の東海併記義務化法案を今年再び推進する。

トビー・アン・スタビスキー[Toby Ann Stavisky]ニューヨーク州上院議員とエドワード・ブラウンスタイン[Edward C. Braunstein]ニューヨーク州下院議員は去る8日、ニューヨーク州で使用される教科書に東海と日本海を併記するように義務化する法案(S4050・A579)を上程した

これらの法案は昨年に発議された法案と同じ内容で、来る2021年7月1日からニューヨーク州の公立学校の教科書で『東海』(East Sea)と『日本海』(Sea of Japan)を義務的に一緒に表記するという内容を骨子とする。

ニューヨーク州下院では共同発議者として、フェリックス・オーティズ[Félix W. Ortiz]とリチャード・ゴットフリード[Richard N. Gottfried]、ウィリアム・コルトン[William Colton]、リンダ・ローゼンタール[Linda B. Rosenthal]、チャールズ・ラビーン[Charles D. Lavine]、デイビット・ウェプリン[David I. Weprin]ら6人が参加し、マルチスポンサーとして、マイケル・デンデッカー[Michael G. DenDekker]、マイケル・フィッツパトリック[Michael J. Fitzpatrick]、サンディー・ゲールフ[Sandy Galef]、アンドリュー・ヘヴェシ[Andrew D. Hevesi]、デイビット・マックドノー[David G. McDonough]、エドワード・ラ[Edward P. Ra]ら6人が名前を上げた。

東海併記法案は、2013年から推進されているが、最終通過には毎回失敗している。去る2014年には州上院で可決されたが州下院通過が失敗して挫折し、2015からは両院とも本会議に上程されないまま霧散している

これとは別に、ニューヨーク州教育局[NYSED New York State Education Department]は昨年8月、州全域のすべての公立学校学区に東海と日本海の2つの名称を一緒に使い学生たちを教えるように勧告した『東海/日本海教育指針』(Guidance of Sea of Japan/East Sea)を下した。(機械翻訳 若干修正)


改訂の理由として「韓国と中国は2000年以上にわたってこの同じ水域を『東海』と呼んでいます。」など嘘を挙げていますね。

JUSTIFICATION: 

This bill will facilitate an understanding that the body of water that separates the Korean Peninsula and Japan should also be known as the "East Sea". While the name "Sea of Japan" was introduced sometime during the late 1920's during a time when Japan occupied Korea, both Korea and China have referred to this same body of water as the "East Sea" for well over 2000 years. In addition, there are dozens of world maps predating the 19th century that refer to this body of water as the "East Sea".(略)


また、日付けだけ直した書類を提出するだけの簡単な“実績作り”で票と献金獲得ですね。

2019年06月23日

2019年08月09日