(世界日報 韓国語 2020/01/09)

〇「公海を指す時、1つの名称のみ使用が原則」と韓国の併記要求拒否
〇駐韓米軍は『韓半島の東側の海』と表記…是正ための努力至急

アメリカ海軍[United States Navy]がホームページにまた『日本海(SEA OF JAPAN)』という表現を使った。アメリカは韓国政府およびマスコミの数回にもわたる問題提起にもかかわらず、「日本海がアメリカの表記方式」という立場を固守している。アメリカ海軍とは異なり、駐韓アメリカ軍は日本海という表現を避けるために努めていると伝えられた。

9日、アメリカ海軍がホームページに掲載した写真は、去る5日に東海でアメリカ海軍の誘導弾駆逐艦『ミリアス』[Milius DDG-69]号が訓練する光景が写っている

アメリカ海軍は写真の説明に「ミリアス号はアメリカ海軍第7艦隊に配備された艦艇」としながら「インド・太平洋地域で通常の作戦任務を遂行中」と明らかにした。それと共に訓練が行われた場所を『日本海』と明示した

20200109510105_R
▲東海で訓練中のアメリカ海軍所属誘導弾駆逐艦『ミリアス』号の写真。訓練が行われた海域を『日本海』(赤いアンダーライン)と表記した。アメリカ海軍ホームページキャプチャー

アメリカ政府が公式発表や文書で日本海という表現を使用するのは昨日今日の話ではない。昨年5月には、ドナルド・トランプ大統領が日本,横須賀のアメリカ海軍基地を訪問して演説する中で、日本海に言及することもした

同日、韓国ムン・ジェイン[文在寅]政府は「東海と日本海を併記するべきだというのが韓国の公式立場」と強調した。

メディアなどで問題提起が相次ぐと、アメリカ政府は「長年の政策と慣行により、アメリカ政府はすべての公海を指す時、1つの名称のみ使用するが、アメリカ地名委員会(BGN)がその(東海)水域に承認している名前は日本海」というの立場を出した。

それと共に「韓国が(日本海ではなく)他の名称を使用していることを知っている。日本と韓国がこの懸案について、互いに同意できる方法に到達するために協力することを勧告する」と付け加えた。

アメリカ海軍の場合、過去には韓米連合訓練が東海上で行われた際には、マスコミ発表文などで『東海(eastsea)』という表現を使用したりもしたが、最近ではすべて日本海に統一する雰囲気だ。これについて「東海表記をした直後、日本側が問題提起をした可能性が大きい」という観測が出ている。

一方、駐韓アメリカ軍司令部[在韓米軍 United States Forces Korea]は日本海という表現を使用しない。駐韓アメリカ軍のインターネットホームページは東海を『韓半島[朝鮮半島]の東側の海(waters East of the Korean Peninsula)』と表現している。(機械翻訳 若干修正)


bdad51fbd1f4ba6