(朝鮮中央通信/わが民族同士 朝鮮語 209/12/14)

在日同胞の帰国実現60周期を迎えて社会主義祖国を訪問している在日本朝鮮人感謝団団長であるキム・ウォンファン総連民族教育中央対策委員会顧問が13日、朝鮮中央通信社記者と会見した

彼は、在日同胞の帰国が実現された意味深い日を祖国の地で迎えることになるため、忘れられない日々が今一度胸熱く再確認されると言いながら、次の通り話した。

半世紀以上の永い歳月が流れたが、最初の帰国船に乗った在日同胞たちが藍紅色共和国旗を翻し、歓喜と感激にあふれて抱きしめながら出たその日の万歳の声が今も耳元に聞こえてくるようだ

日本の地に暮らす同胞たちだけでなく、日本の人々も、明け暮れ描いた祖国の懐に抱かれる彼らに、熱烈な拍手と祝いの言葉を送った光景が、今も鮮やかに目に浮かぶ。

当時、世の中の人々は在日同胞の帰国実現を置いて「資本主義から社会主義への民族の大移動」と褒めちぎった。

民族史に特記する驚異的な事変をこの上なく大きな激情の中で目撃し、同胞皆が、尊厳高い海外公民団体である総連をつないで下さり、在日同胞に帰国の船路を開いて下さった偉大なる首領キム・イルソン[金日成]大元帥様に限りない感謝の挨拶を捧げた

在日同胞の切実な宿望を汲んで、帰国と来往の道を開いて下さった絶世偉人の不滅の業績は、民族史とともに長く伝えられるだろう

偉大なる大元帥様の崇高な民族愛、同胞愛の歴史は、敬愛する最高指導者キム・ジョンウン[金正恩]元帥様によって変わりなく流れている。

敬愛する元帥様は、革命と建設を陣頭指揮するそのお忙しい中でも、毎年、在日本朝鮮人祝賀団をはじめとする総連の様々な代表団、訪問団を祖国に呼んで下さり、大海ような恩寵を施して下さる。

父上の熱い愛と情があり、在日同胞子女が祖国で修学旅行と実習の日々を楽しく過ごし、総連愛国偉業の頼もしい柱として育っている。

真に敬愛する元帥様を親として高く推戴する社会主義祖国は、在日同胞の真の人生のポグムチャリだ
※ポグムチャリ=巣、ねぐら、住み心地のよい[安息の]場所(ネイバー辞典)

在日同胞は異域の狂風の中でも、いつも我が祖国の象徴である共和国旗を青空高く翻し、主体朝鮮の海外公民なるこの上なく大きな矜持と自負心の中に胸を張って堂々と生きている

我が総連一群は、偉大なる大元帥様の主体的海外僑胞運動思想と業績を堅潔に擁護固守して、永遠に輝かせ、絶世偉人の高貴な愛国遺産である総連を敬愛する元帥様に無限に忠実な海外公民団体としてより一層強化発展させていく。(機械翻訳 若干修正)