(聯合ニュース 2019/12/13)

 韓国の広報活動などに取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が日本の茂木敏充外相に対し、旭日旗の解釈を巡って歴史を学ぶよう忠告した。徐教授が13日、自身のインスタグラムで伝えた。

 旭日旗を巡っては、韓国文化体育観光部が先ごろツイッターで「旭日旗は憎悪の旗」と投稿したことを受け、茂木外相が会見で、日本の立場と相いれず極めて残念と述べ、日本政府はこの問題について韓国政府に抗議した

 これに対し徐教授はSNS(交流サイト)で「(日本の外相は)旭日旗はドイツのハーケンクロイツのような戦争犯罪に使用されたことを知りませんか。日本の外務省として恥ずかしくもないんですか? この動画を見て歴史を勉強してください」と投稿した

 動画(youtu.be/TGRuwKEzoVQ)は日本語で制作された。また旭日旗とハーケンクロイツが同じ「戦犯旗」であることを示した画像も添付した。
AJP20191212004000882_02_i_P4

 徐教授は「世界で世論戦を行い、来年の東京五輪で旭日旗が使われることがないよう努力する」と話した。


ソ・ギョンドク[徐坰德]の大韓民国広報の話
(facebook 韓国語 2019/12/13)

数日前、韓国文体部[文化体育観光部]がツイッターに「旭日旗は憎悪の旗」という内容の文と写真を掲載したが、日本政府ではまた大騷ぎになりました。

茂木敏充,日本外相が記者たちと会った席で「該当ツイートと関連して韓国政府に抗議した」、「日本の立場と相容れず、極めて残念」と明らかにしたといいます。

オオ、このようにあきれる言葉と行動をご飯を食べるようによく出来ますか?

菅義偉,官房長官をはじめと、茂木敏充外相まで、それこそ安倍政権の長官[大臣]は歴史教育を十分に学んでいない気配をものすごく出しています。

そして、外相のツイッターアカウントを通じてクールな一針を一発飛ばしました。

「旭日旗はドイツのハーケンクロイツと同じ戦犯旗であることを知らないのですか? 日本の外相として恥ずかしくないですか? この映像を見て歴史の勉強をもう少ししてください!」という文と、日本語で製作された旭日旗の歴史的真実に関する映像を添付しました。

また、写真で旭日旗とナチス旗が同じ意味の『戦犯旗』であることを一目で分かるようにしたデザインのファイルを一緒に送りました。

いずれにせよ、来年の東京オリンピックの旭日旗に関連しては、すでに“銃声のない戦争”が始まりました

どうか世界的な世論を味方につけて、世界的な世論を通じて日本政府を引き続き圧迫していく予定です

それでは、来年も繰り広げられる『全世界旭日旗退治キャンペーン』にたくさん期待してください~^^(機械翻訳 若干修正)