(朝鮮日報 韓国語 2019/11/29)

ノ・ソクチョ記者

外交部[省に相当]が29日に発刊した『2019外交白書』で「日本は同伴者」という表現を削除した。昨年の『2018外交白書』で「日本は価値と理解を共有する大切な隣国」という表現を抜いたのに続き、再び韓日関係を一段階さらに格下げしたものと評価される。外交部は韓半島[朝鮮半島]情勢については「政府の主導的な努力で南北対話、北米首脳会談が開催された」とし「これにより、領域内の緊張緩和と北核問題解決の転機が作られる記念碑的な進展があった」と自評した。

しかし、北韓[北朝鮮]が『対話局面』でも密かに核開発を継続していた事実がアメリカの偵察衛星などに捉えられ、『北の非核化意志』に対する疑問が国際的に提起された状況などには言及しなかった。

外交部はこの日発刊した白書で、「日本は同伴者」「日本は地理的、文化的に私たちと最も近い隣国」という従来の文句を削除し、代わりに「共に協力していかなければならない隣国」という表現を入れた。『近い隣国』からただの隣国になったわけだ。白書はそれと共に「韓日間の交流協力にもかかわらず、2018年10月以降、強制徴用を巡る大法院[最高裁]の判決に対する韓日両国の見解の差によって両国関係は困難を直面することになった」とした。歴代政府は日本との過去の歴史葛藤にも、外交白書で『友好国』『大切な隣国』のような表現をほぼ抜かなかった。

白書は、日本と対照的に中国との外交・安保問題については一切言及しなかった。中国は2016年、韓国のサード(THAAD・高高度ミサイル防御体系)配備に対する報復で『限韓令(韓流規制)』を加えた以降、3年が過ぎた今もこれを完全に解かずにいる。中国は去る7月に『2019年国防白書』を公開して、韓国のサード配備について「アジア・太平洋地域の戦略的均衡を深刻に破壊した」と批判もした。白書はムン・ジェイン[文在寅]大統領が2017年12月に訪中して両国関係が回復しているという側面を強調した。

ロシアと経験している外交・安保問題も抜けた。ロシアは2018年7月、軍用機数機を動員して韓国防空識別区域(KADIZ)を数回無断進入した。済州島・離於島付近の上空まで飛行するなど、東・西・南海を駆け巡った。それにもかかわらず、白書にはこのような問題を反映せず、「(韓国とロシアは)戦略的協力同伴者関係を実質的に発展させていく」とした。日本に使わなかった『同伴者』という表現をロシアには使ったのだ。

ムン・ジェイン政府が、外交・安保協力の優先順位でロシアを日本より前に置いたという指摘が出ている。元外交部次官は「外交白書は政府が他国をどのように認識し、関係していこうとしているのかを示す“バロメーター”で、各国が閲覧して自国の外交政策に反映する」としながら「外交問題の明暗をバランスよく白書に反映し、誤解を招かないいように表現一つに慎重でなければならない」と述べた。

一部では、外交部が今回の外交白書を事前公示なしにニュース注目度が最も低い金曜日に公開したのも、白書で問題の素地がある部分の波紋を最小化するために“コムス”を働かせたものという指摘も出ている。(機械翻訳 若干修正)

※コムス:みみっちい言動や行動、小細工、せこいやり方、みみっちいやり口。一般的にみて、汚いやり方、せこいと思われるような行動や言動のことを指す言葉。(kpedia)


2019年04月23日