(毎日新聞/yahoo 2019/11/10)

 高校無償化の対象から外れている大阪朝鮮高級学校(東大阪市菱江、生徒数229人)で、民族教育への理解を深めてもらおうと、授業の一般公開があった。市民ら約160人が参加した。

 朝鮮学校の高校無償化適用を求める訴訟では8月、同校の敗訴が最高裁で確定。朝鮮学校の実像を知ってもらおうと開催された。

 参加者は、英語や数学、社会などの科目で、朝鮮語で進められる様子を見学した。教科書の展示もあり、「日本の教科書と内容的に変わらない」などの声が上がった

 授業の後には、在校生と教員、保護者のリレートークがあり、同校3年の金紗希(キムサフィ)さんが「私はウリハッキョ(私たちの学校)が大好きです。難しい状況にあるけど、もっと多くの人に学校のことを知ってほしい」と訴えた。

 尹誠進(ユンソンジン)校長は「反日教育などとも言われるが、朝鮮学校の教育がどうなのか、実際に見て判断してほしい」と話した。

 参加した東大阪市の教員、塩崎考江さん(53)は「特異な授業とは思えなかった。他の日本人の子どもたちが通う学校と同じように、補助金が支給されるべきだと思う」と感想を述べた。【柴山雄太】


事前に準備された公開授業で『キム崇拝・反日』授業をするわけないですね。

ところで「東大阪市の教員、塩崎考江さん」って

日本教職員組合(日教組)中央執行委員・大阪府教職員組合(大阪教組)特別執行委員・東大阪市教職員組合執行委員長(元?)ですね。
※クリックで大きく

15646461654648416a10-34-0901