日本河村「前日王に謝罪の手紙」…ムン議長「そんなことはない」(総合)
(聯合ニュース 韓国語 2019/11/07)

日本のある政治家が、『日王謝罪』発言と関連してムン・ヒサン[文喜相]国会議長が明仁前日王に謝罪する内容の手紙を送ったと明らかにしたが、ムン議長はそのようなことはないと否定した。

7日、共同通信によれば、河村建夫,日韓議員連盟幹事長は6日、衛星放送BSフジのある番組[プライムニュース]に出演し、ムン議長が自分に明仁前日王に謝罪の手紙を送ったということを言及したと伝えた

共同通信は、手紙の詳しい内容や手紙を送った時期は確認されていないとし、ムン議長が去る3日に日本で河村幹事長に会った際、謝罪を入れた手紙の発送の事実を知らせたと説明した。

だが、ムン議長側は聯合ニュース「誤解をしたようだ。そのようなことはない」と明らかにした

ムン議長側関係者は「日王即位式の際、明仁前日王、徳仁日王にそれぞれ『おつかれさま』、『おめでとう』という内容の手紙を送ったが、儀礼的な内容だっただけで、謝罪の内容は含まれていない」と述べた。

ムン議長は、去る2月にブルームバーグ通信とのインタビューで、明仁当時日王を『戦争犯罪の主犯の息子』と呼び、「日本を代表する総理や、まもなく退位する日王の一言ならできる。高齢の慰安婦の手を握って心から申し訳なかったと話せばそれで(慰安婦問題が)解決される」と話したことがある。

これに対し、日本政府は外交経路を通じて韓国政府に抗議するなど反発し、政治家たちの間でもムン議長を激しく批判する発言が相次いだ。

ムン議長は東京で開かれた主要20か国(G20)国会議長会議に出席するため、去る3~6日、日本を訪問して河村建夫,日韓議員連盟幹事長、自民党の2人者である二階俊博,幹事長などと会った。

ムン議長は、東京でのG20国会議長会議出席に続き、『第5回ミクタ(MIKTA)国会議長会議』のためにメキシコを訪問中だ。(機械翻訳 若干修正)


 上皇さまにおわびの手紙 韓国議長、河村氏明かす
(共同通信/日本経済新聞 2019/11/07)

超党派でつくる日韓議員連盟の河村建夫幹事長(自民党)は6日のBSフジ番組で、慰安婦問題について天皇陛下(現上皇さま)の謝罪で解決すると発言した韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、上皇さま宛てにおわびの手紙を送ったと明かした。手紙の詳しい内容や時期は不明。関係者によると、文氏は3日に河村氏と面会した際、手紙を送付したと伝えたという。
 韓国議長 上皇さまに手紙 「戦犯の息子」で謝罪
(FNN 2019/11/07)

慰安婦問題をめぐり、当時天皇だった上皇さまの謝罪を求めた韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、上皇さま宛てにおわびの手紙を送ったことを、日韓議員連盟の河村幹事長が明らかにした。

日韓議連・河村建夫幹事長「(文議長は)上皇陛下には手紙を出したと、謝罪の手紙を出したというようなことは言ってましたけど。(届いているのか?)出したってことは言ってました」

20191107110837No0000
20191107110839No0000
20191107110841No0000

6日夜のBSフジ「プライムニュース」で河村氏は、文議長と非公式に面会した際に、上皇さまに宛てて、謝罪の手紙を送ったと伝えられたことを明かした。

文議長は2019年2月、上皇さまを「戦犯の息子」と呼び、慰安婦問題で謝罪を求めた。

その後、「わたしの発言により心が傷ついた方々におわびを申し上げたい」と表明したものの、発言は撤回していない。



ムン議長の『戦争犯罪の主犯の息子』発言の際、韓国側は「ムン氏は『戦争犯罪』という表現は使っておらず、『戦争当時の天皇の息子』と述べたと思う」と嘘をついたので、今もところ真偽不明ですね。
2019年02月09日


さて?

 1 河村幹事長の勘違い(というか願望)
 2 河村幹事長が“日韓友好”のために嘘
 3 ムン議長が故意に勘違いをさせた
 4 議長側の説明が嘘