(ニューシス 韓国語 2019/10/18)

18日、韓米防衛費分担金引き上げに反対して、駐韓米国大使官邸に進入してデモを行った大学生が警察に連行された。

警察などによれば、韓国大学生進歩連合所属の大学生19人は、本日午後2時57分頃、ソウル市鍾路区に位置した駐韓アメリカ大使官邸に進入してデモを行った疑い(集会および示威に関する法律違反)で現行犯逮捕された。逮捕された大学生のうち17人はアメリカ大使官邸へ乗り越えたことが把握された。

彼らは準備してきたはしごを使って大使官邸に密かに進入した後、「ハリスはこの地を離れろ」、「分担金引き上げ絶対反対」などのスローガンを叫び警察に連行されたことが確認された。

NISI20191018_0015717615_web

NISI20191018_0015717663_web

NISI20191018_0015717672_web

NISI20191018_0015717671_web

NISI20191018_0015717674_web


NISI20191018_0015717821_web

NISI20191018_0015717817_web

NISI20191018_0015717820_web

NISI20191018_0015717808_web

キム・ハンソン韓国大学生進歩連合代表はニューシスとの通話で「まもなくハワイで防衛分担費の交渉があるではないか。ハリー・ハリス駐韓アメリカ大使が(韓米防衛費分担金を) 5倍に引き上げなければならないと主張している」とし「我が国の税金で出すものだ。それで、そうしたことに対する糾弾と抗議次元で官邸に行った」と伝えた。(機械翻訳 若干修正)


韓国大学生進歩連合は朝鮮日報に〈北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長による政治を「愛と信念の政治」と表現し、「(金正恩は)北朝鮮の全ての住民に大きな支持を得ている」などといった発言を繰り返した「金正恩国務委員長研究会発表大会」を開いた団体だ。〉と報じられる集まりです。

日本相手にも↓


2019年07月09日