(大韓体育会/NAVER 韓国語 2019/10/18)

-2020東京夏季オリンピック関連の各種懸案提起および協議-

イ・ギフン[李起興]大韓体育会[Korean Sport & Olympic Committee、KSOC。 日本オリンピック委員会(JOC)と日本スポーツ協会(JSPO)を合わせたような組織]会長は10月17日(現地時間)、カタール,ドーハで山下泰裕,日本オリンピック委員会(JOC)委員長[会長]と面談を持ち、2020東京夏季オリンピックと関連した旭日旗使用、独島表記、福島産食材の安全性などに関する懸念を伝えました。

イ会長は特に、大会競技場内への旭日旗搬入に対する懸念を強力に伝え、山下委員長は韓国側の立場に積極的に理解しており、今後、相互の間隙を狭めることができる解決策を持続的に模索しようという意見で面談が終了しました

また、イ会長は、中国オリンピック委員会(COC)代表団とも面談を持ち、去る9月27日に大韓体育会でCOC委員長を宛先にした『東京オリンピック内の旭日旗反対共同対処提案』書信についても肯定的に検討しているという返答を受けました

一方、北韓[北朝鮮]オリンピック委員会[PRK]副委員長であるキム・ジョンス体育省第1副長官(文化体育観光部次官に相当)が率いる北朝鮮代表団も、10月17日から2日間、カタール,ドーハのシェラトンコンベンションセンターで開催の第24回国家オリンピック委員会連合会(ANOC)総会に参加しました。(機械翻訳 若干修正)


2019年10月16日
2019年10月18日
大韓体育会長がIOC会長・ROC会長に東京五輪での旭日旗などについて懸念を伝えたニダ!


これは大韓体育会の発表で、現在日本側からの報道はないようですが、日本メディアは山下会長に聞かないとね。