(ポリニュース 韓国語 2019/10/15)

水力発電所に運営において日本機資材への依存度が深刻なことが分かった。

15日、国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会幹事であるホン・ウイラク議員(共に民主党)によれば、2000年代以降に遂行した老朽水力発電所現代化および建設事業で、日本機資材の使用比率は92%だ

art_15711199489498_1dd1e3
2000年代以降に遂行した老朽水力発電所現代化および建設事業の日本機資材使用現況および比率

発電所  号機  容量 年度 金額(億w) 主機器業者      備考
春川水力 1,2  31MW 2009  264    東芝(日本)    現代化
清平水力  4  60MW 2011  360    富士(日本)    建設
衣岩水力 1,2  24MW 2013  369    東芝(日本)    現代化
清平水力  3  40MW 2013  226    富士(日本)    現代化
槐山水力 1,2  1.5MW 2012   80    富士(日本)    現代化
清平水力 1,2  20MW 2014  192    HM(日本)     現代化
華川水力  4   30MW 推進中 127    アンドリッツ(欧州)現代化
              小計 1,618

また、国内の中・大型水力発電所建設以来、100%外国主機器だけが使われてきたことが確認された。

ホン議員は「国内に中大型水車発電機メーカーが1社もなかった」としながら「特に八堂水力を除いた残りの発電所は日本製発電機を使っている」と指摘した。

国内中級発電所(15MW以上)の発電機国産化の成功事例は七宝水力2号機1つだ。

art_15711200402011_81e313
中・大型水力発電所(15MW以上)の主機器部品現況

発電所  号機  容量(MM) 主機器業者      備考
華川水力  1   27     日立(日本)    建設(1944)
      2   27     日立(日本)    建設(1944)
      3   27     日立(日本)    建設(1957)
      4   27     日立(日本)    建設(1968)
春川水力  1   31.1    東芝(日本)    現代化(2009)
      2   31.1    東芝(日本)    現代化(2008)
衣岩水力  1   24     東芝(日本)    現代化(2013)
      2   24     東芝(日本)    現代化(2013)
清平水力  1   19.8    日立(日本)    現代化(2014)
      2   19.8    日立(日本)    現代化(2014)
      3   40     富士(日本)    現代化(2013)
      4   60     富士(日本)    建設 (2011)
八堂水力 1~4   30   不明네리 픽(フランス) 建設 (1974)
江陵水力  1   40     富士(日本)    建設 (1990)
      2   40     富士(日本)    建設 (1991)
七宝水力  1   14.4    三菱(日本)    建設 (1991)
      2   15     大洋/曉星     国産化実証(2016)

今後、揚水発電所は政府の再生エネルギー拡大政策により大幅に増加すると予測される。実際『第8次電力需給基本計画』ではピーク寄与度基準の全体電源構成のうち水力発電が5.4%まで上がると見込んでいる。

art_1571120000365_5c7273
揚水発電所主機器外国製部品現況

発電所  号機  容量(MW) 主機器業者      備考
清平揚水  1   200    富士(日本)     建設(1980)
      2
三浪津揚水 1   300    富士‐日立(日本)  建設(1985)
      2
茂朱揚水  1   300    Alstom(フランス)  建設(1995)
      2
山清揚水  1   350    Alstom(フランス)  建設(2002)
      2
襄陽揚水  1   250    Alstom(フランス)  建設(2006)
      2
      3
      4
青松揚水  1   300    GE(アメリカ)    建設(2007)
      2
醴泉揚水  1   400    Alstom(フランス)  建設(2011)
      2

ホン議員は「今回の日本輸出規制事態で分かったように、再生エネルギー分野、特に水力発電の部分でも核心部品を海外に頼っていてはいけない」としながら「国内はもちろん、全世界的に老朽水力発電所の現代化が進められ、水力機資材供給分野が新たなビックマーケットになっているが、私たちは準備ができていない」と指摘した。

彼は「対北事業において北韓[北朝鮮]の老朽水力発電の現代化は、全インフラ事業の60%ほどを占めると予想されるだけに、現時点で韓国企業の競争力向上と徹底した準備が必要だ」と強調した。(機械翻訳 若干修正)


1つできただけ、この時↓より“海外市場”に向かって前進ですね。

2015年04月24日