(ゲームメカ 韓国語 2019/10/08)

イベント参加者の個人情報が流出して非難を受けた『FIFA20』が、今度は旭日旗論議に包まれている。ゲーム内のあるチームの応援席で旭日旗が出ているのだ。

20191008115539
▲『FIFA20』で旭日旗を連想させる応援旗が発見された

EA[エレクトロニック・アーツ]は去る27日、FIFAシリーズ最新作である『FIFA20』を正式発売した。今回のFIFAシリーズにはオランダサッカーリーグであるエールディヴィジ[Eredivisie]所属の有名チームであるアルクマール・ザーンストレーク[Alkmaar Zaanstreek]が登場するが、応援席でこのチームの応援旗の一つが旭日旗の姿をしていて問題が浮上した。

ゲームメカーが直接確認してみたところ、アルクマール・ザーンストレークのチームマークと旭日旗特有の模様を混ぜたような応援旗が映っている

20191008115544
▲アルクマール・ザーンストレークのホーム球場で試合をすると

20191008115546
▲あまりにも簡単に問題の応援旗を見ることができる

156461646463
▲アルクマール・ザーンストレークのチームロゴ

だが、アルクマール・ザーンストレークは公式にこの模様を応援旗として使用した前例はなく、日本とは何の関係もないチームだ。赤い色と白い色のホーム試合のユニフォームもまた、オランダ国旗をモチーフに決まったのだ。公式ファンクラブでも、インターネットを検索してみても、このチームが旭日旗模様を使用した記録を探すことはできない。

EA側でどのような画像を参考にしてこの応援旗を使ったのかは疑問であり、現在、EAはこれと関連した別途の措置や言及がない状況だ。

EAは過去にも旭日旗に対して別途の措置を取らずに議論になったことがある。あるユーザーが『バトルフィールド4』[Battlefield]の公式フォーラムに「ナチスはだめなのに旭日旗はなぜ置いておくのか?」という質問を上げると、管理者が直接「ナチスはなくなり、日本はまだ存在している」とし「再びこのテーマで書き込みをしないで」と話したことがある。『バトルフィールドV』でも多数の日本ユーザーが旭日旗エンブレムを使っているが、制裁されていない。

一方、国内発売ゲームで旭日旗が表現されて議論になったのは今回が初めてではない。去る2013年に『ワールドオブウォーシップ』[World of Warships ウォーゲーミング社]の広報映像に登場した日本艦船が旭日旗を付けていて議論になったことがあり、2017年に発売された『ペルソナ5』[アトラス社]でも旭日旗が連想される模様が登場してゲーマーの顰蹙を買った。もちろん、両ゲームとも論議後に旭日旗表現を削除した。(機械翻訳 若干修正)


チームロゴにチームカラーで装飾しただけですね。
※クリックで拡大

vdfgadgad
bghshgwshyh

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FIFA 20 通常版 PS4版 PLJM-16491
価格:7093円(税別、送料別)(2019/10/8時点)

楽天で購入