「精日」糾弾 中国で拡散  日本好きなだけなのに
(毎日新聞 2019/09/27)

 「日本メディアに取材してほしいことがあるのですが……」。北京のオフィスに若い中国人男性の声で電話がかかってきた。中国を侮辱した漫画をソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で拡散したとして、中国人の若者らが「精日分子(精神日本人)」として次々に逮捕されているというのだ。調べると、日本アニメファンをからかう中国のネットスラング(俗語)だった「精日」という言葉が警察の発表文に使われていた。中国のアニメファンたちはどう受け止めているのか。ファンたちが集うコスプレイベントをのぞいてみた。【天津・浦松丈二、写真も】

◇若者逮捕相次ぐ

 「ひとりぼっちだった主人公が努力して活躍する姿が好きなんだ」。日本の人気漫画「NARUTO-ナルト―」の主人公に扮した高校1年男子(16)に声をかけると、キャラクターの魅力について目を輝かせて説明してくれた。日本メディアの取材だと告げると、「日本語にも関心があるんだ」と身を乗り出してきた。北京から車で2時間。天津市中心部のショッピングモールには、地元の中高生ら約180人が奇抜な衣装を着て集まっていた。

 おもちゃの日本刀にセーラー服姿の中学3年女子(15)は「これは『愛宕』の衣装。通販で300元(約5000円)だった」と話す。第二次大戦中の各国軍艦を擬人化した中国の人気ゲーム「アズールレーン」のレアキャラ(出現確率の低いキャラクター)だという。彼女のキャラクターは旧日本海軍の軍艦「愛宕」がモデルのようだ。「精日批判ですか? 聞いたことはあるけど、内容はよく知りません」。少し困った表情になった。

 中国では日本の女子高校生の制服をモチーフにした「JK」というファッションジャンルが通販ショッブなどで確立している。JKファッションに身を包んだ高校2年の劉麗さん(16)は「学校のイベントで着るためにクラスの女子全員でそろえた衣装です。JKはスカート丈が短いから、丈を長めにして赤い編みひもで中国風にアレンジしました」と誇らしそうだ。

 北京や上海ではイベント会社が主催する10万人規模のコスプレイベントも珍しくないが、このイベントは天津で活動する中高生主体のアニメ同好会が交流のために随時開催しているという。

 日本アニメ好きは母親の影響という劉さんは「(アニメ好きが)精日なんて、でたらめです。日本のものでも、中国のものでも、素晴らしい文化は国境を越えて広がっていくと思う。祖父母からは『日本人にも、やさしい人はいる。恨みを次の世代に伝えてはいけない』と聞いて育ちました」と真剣な表情になった。

◇「コスプレ」契機に

 そもそも精日とは何か。日中関係に詳しい梁雲祥・北京大学国際関係学院教授は「精日とは、極度に日本を崇拝し、自国を蔑視するあまり、精神的に自らを日本人とみなすようになった中国人のことです。さらに日本の中国侵略を賛美し、中国の抗日をあざ笑う行為すら出てきた」と問題視する。

 有名な事件は二つだ。2017年8月に上海で男性4人が、昨年2月には南京で男性2人が、いずれも旧日本軍をイメージさせる軍服を着た写真をネットで拡散した。「一種のコスプレ」との見方もあったが、撮影場所が戦場跡地だったことから日本の侵略戦争を美化したと批判が広がった。梁教授は「精日は厳しく批判され、法的制裁を受け始めている」と指摘する。

 こうした事件がきっかけになり、昨年5月には、侵略戦争や侵略行為を美化することを禁じる「英雄烈士保護法」が施行された。南京市のある江蘇省では12月に日本の軍国主義を連想させる行為を禁じ、追悼行事を厳粛に行うための地方条例「南京市国家公式追悼保障条例」が施行された。条例では、戦争犠牲者の追悼施設や戦場跡地などで日本の軍国主義を象徴する軍服や旗、マークなどを使った撮影を行ったり、ネットで拡散したりすることを禁じている

◇政府批判影響か

 関連法の施行を受け、大連や南京など少なくとも6地方の警察当局は今年7月28日に一斉に「精日」摘発事例を発表した。

 南京の発表文は次のような内容だった。

 <戴容疑者(男、20歳、江蘇省常熱出身)は、国外の〝精日〟勢力の教唆を受けて、18年以来、100個のアカウントを窃取し、長期にわたってネット上で「日本軍の中国侵略は平和目的だった」「南京事件は虚構であり、記念館は即刻閉館すべきだ」などの虚偽、有害な発言を繰り返し、真相を知らない青少年を〝精日〟反動組織に引き込み、洗脳した。さらにネット警察のアカウントで反中国や中国を侮辱する言論を繰り返した。(社会秩序の破壊罪に関する)刑法293条で取り調べ中>

 大連の発表文は次のようなものだった。

 <慮容疑者(男、36歳、遼寧省大連出身)は、国外の〝精日〟分子の影響を受けて反中思想を持ち、国外のネット上で中国を侮辱する言論を続けてきた。18年1月からは張容疑者(女、22歳、安徽省准南出身)と共同で中国を侮辱する漫画約140編をネットで拡散し、祖国を分裂させ、歴史をゆがめ、中華民族を侮辱した。青少年に反中〝精日〟思想を宣伝し、〝精日〟グループに引き込もうとした。逮捕して取り調べ申>

 漫画の作者とされる張容疑者についての安徽省准南の発表文は次のようなものだ。

 <張容疑者は日本の漫画を愛好し、極度に日本文化を崇拝するあまり、反中傾向が顕著になった。17年9月に慮容疑者とネット上で知り合い、〝精日〟グループ内での影響力と注目度を上げるために中国人のイメージを侮辱する「ブタ人間」シリーズの漫画を描いて慮容疑者に提供した>

 報道によると、容疑者2人は日本から別々に帰国した際に拘束されたという。複数の中国人に漫画の感想を聞くと「これが問題になったのではないか」と指さしたのが物乞いの老兵だ。けがをしたブタ顔の老兵が「老兵に食べ物を恵んでください」と書いた布を胸から下げ、その横でブタ顔をした警察官が腕組みをして老兵をにらみつけている。

 中国の退役軍人は約5700万人とされ、退役後の処遇に不満を持つ元軍人の抗議活動が各地で頻発している。退役した老兵に十分な生活保障をしていない政府への批判であることは明らかだ。

◇日中関係にも影

 精日批判の拡大は日中関係にも微妙な影を落としそうだ。日中両政府は、習近平国家主席の来春の訪日に向けて準備を進めている。青少年交流の拡大は重点項目だ。

 だが、精日批判が過熱すれば、誤解を恐れて日本との交流をためらう若者が増えるのではないか。

 「精日」はネットスラングとして12年ごろから使われ始めたといわれる。法律には明記されておらず、正確に定義することは難しそうだ。現在もネット上で気に入らない投稿を批判する際などに「精日」は都合よく使われることが多い

 香港の音楽プロデューサーの男性(28)は中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」に「日本から(中国大陸に)帰国するたびに、文明社会から原始社会に戻った感覚になる」と投稿した。

 証拠として、瀬戸内海の小豆島の美しい風景と対比させて車内にゴミが放置された中国のタクシーの様子も投稿した。するとフォロワー(読者)から「あなたは精日なのか」 「それほど好きなら日本に行けばいい」などと一斉に批判された。

 男性にメールで感想を聞くと「なぜ多くの人が他人に精日のレッテルを貼りたがるのか。本来は物事も人間も複雑で多面的なのに、それを黒か白か、白じゃなければ黒だ、と単純化してしまっている。日本文化が好きなら精日だという具合に」と指摘。反論の意味を込めて、批判された投稿は削除せず、公開し続けるという。

 男性は「香港で育った私は、子どものころから日本のドラマやアニメを見て、日本の音楽を聴いてきた。だからといって、私たちが戦争の歴史を忘れたということでは決してないのです」と書いてきた。日本文化に親しむこと、歴史を忘れないことの双方は決して矛盾しないということだろう。

 中国大陸では、ネット上のスラング「精日」が人を縛る呪文としてリアルな社会で使われ始めている。「日本メディアに取材してほしい……」と電話してきた若者に感想を聞こうと再度連絡したが、連絡が取れなくなっていた。考えを変えたのか。それとも何かあったのか。思いを巡らせながら、背中に冷たい汗が流れるのを感じた。

mainichi20190927


韓国における「親日」みたいなものですね。