(スポーツ朝鮮 韓国語 2019/09/11)

政府が、国際オリンピック委員会(IOC、委員長トーマス・バッハ[Thomas Bach])などに旭日旗と関連して公式に問題を提起し、関連団体と積極的に対応に出る。

文化体育観光部(長官パク・ヤンウ[朴良雨]、以下、文体部)[省に相当]は11日午前、報道資料を通じて、バッハIOC委員長宛てに送る長官名義の書簡を通じて旭日旗応援に対する懸念を表明する一方、使用禁止を要請したと明らかにした

これは、大韓体育会(KOC、会長イ・ギフン[李起興])が先月22日、東京オリンピック選手団長会議で2020東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(以下、東京組織委)に質問した、オリンピック公式施設内での旭日旗の使用と搬入禁止要請に対し、東京組織委が旭日旗許容の立場を明らかにしたことによる対応措置次元だ

文体部は今回の書簡でIOCに、旭日旗に対する東京組織委の立場について深い失望と憂慮を表明し、旭日旗使用の不当性を説明し、使用禁止措置を要請した。文体部は書簡文を通じて「旭日旗が19世紀末から太平洋戦争をはじめとする日本帝国主義のアジア侵略戦争に使われた日本軍隊の旗で、現在も日本国内で極右団体の外国人に対する差別と嫌悪デモなどに広く使われている」を明らかにした。

あわせて、ヨーロッパ人にナチスのハーケンクロイツが第2次世界大戦の悪夢を思い出させるように、旭日旗は当時日本の侵略にあった韓国と中国、東南アジアなどアジア諸国には、歴史的な傷と苦痛を想起させる明白な政治的象徴物であることを指摘し、国際サッカー連盟(FIFA)でもすでに旭日旗使用を禁止していることを提示した
※FIFAは禁止していません。

過去、アジアサッカー連盟(AFC)は、2017年アジアチャンピオンズリーグで発生した日本人観衆の旭日旗応援に対し、日本サッカーチーム[川崎フロンターレ]に罰金1万5,000ドルの罰金懲戒を下した。

文体部は「東京オリンピックでの旭日旗使用が、世界の平和増進と人類愛を実践するオリンピック精神と価値に正面から反するという点を強調し、国際オリンピック委員会(IOC)は東京組織委が旭日旗に対する立場を撤回し、旭日旗が競技場に搬入されないように徹底した対策を講じるよう、積極的な役割と措置をすること」を要請した

文体部は、IOCに公式に書簡文を送るのと並行し、大韓体育会と大韓障礙人体育会[大韓障害者体育会](KPC、会長イ・ミョンホ[李明浩])も東京組織委に旭日旗論議に対する抗議と措置を要求する書簡文を発送するなど、関連団体と問題解決のために積極的に取り組む計画だ。

文体部関係者は「大韓体育会、大韓障礙人体育会など関連団体および民間と協力し、IOCと東京組織委などに持続的に問題を提起して、旭日旗が搬入禁止物品に含めるなどの措置を強く求める計画」としながら「国際社会に旭日旗使用の問題点を広く知らしめて共感を得られるように努力していく」と明らかにした。(機械翻訳 若干修正)


韓国はまず国内で『旭日旗禁止法』を制定しないとね。

これを機会に『旭日模様』の様々な応援グッズが出て来ると良いですね。