(聯合ニュース 2019/09/03)

 韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官は3日の定例会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会が競技場での旭日旗の使用を禁止しない方針を示したとの報道について、「旭日旗は周辺国に過去の軍国主義や帝国主義の象徴として認識されていることは日本側もよく知っているはずだ」として、「是正されるよう、引き続き努力していく」と強調した。

 また、同部の当局者は「スポーツイベントを政治的なメッセージを伝える手段として使うことはスポーツ倫理規定などに合致しない」とし、東京五輪・パラリンピックの競技場への旭日旗の持ち込みは不適切との認識を示した。

 一方、金報道官は在日本韓国大使館に銃弾や脅迫文書が送りつけられたことに関しては、「どの国であれ、外国公館の安全は重要な問題」として、「公館の安全だけでなく、(大使館が)機能できるよう日本側が国際法や国内法に基づいて必要な措置を取ることを期待する」と述べた。

 同大使館は日本の警察当局の協力を得て警備を強化し、職員に対しては身の安全に注意するよう指示した。


↑は日本語版の記事、↓は韓国語版の記事。一言日本語版にはないフレーズがありますね。

(聯合ニュース 韓国語 2019/09/03)

外交部[省に相当]は3日、日本が来年の東京オリンピックで旭日旗の使用を許可したという報道と関連し、旭日旗は過去の日本軍国主義の象徴とし、オリンピックで使用されないように是正努力をすると明らかにした。

キム・インチョル外交部報道官は本日の定例会見で「旭日旗というものが周辺国に過去の軍国主義と帝国主義の象徴として認識されているということは日本側もよく知っている」としながら「日本側が謙虚な態度で歴史を直視する必要がある」と指摘した。

キム報道官は引き続き「関連事項が是正されるよう、関連部処[省庁]とともに引き続き努力していく予定」と強調した。

これに先立ち、一部国内メディアは東京オリンピックおよびパラリンピック組織委員会[公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会]が、来年の東京オリンピックで旭日旗使用を許容するという意向を明らかにしたと報道した。また、東京パラリンピックのメダルが旭日旗を連想させるという指摘も出ている。

これと関連して、外交部当局者は「スポーツイベントを政治的なメッセージを伝える手段として使うことはスポーツ倫理規定などに合致しない」としながら「報道を見ると(大韓体育会で)パラリンピックのメダルについても是正してほしいと数日前に要請した」と伝えた。

一方、キム・インチョル報道官は駐日韓国大使館に銃弾や脅迫文が配達されたことに関しては、「どこの国であれ、外国公館の安全と安寧は重要な問題」として、「我々の公館の安寧、安全だけでなく、機能できるよう日本側が国際法や国内法に基づいて必要な措置を取ることを期待する」と述べた。

駐日韓国大使館は日本警察と協力して大使館施設の警備を強化し、公館職員に対しては身辺の安全に注意するよう呼びかけた。(機械翻訳 若干修正)


聯合ニュースは、日本語版でこうして言動を削って、韓国側の批判トーンを低めて報じることがよくあるんですが、やはり国内向けの対日強硬パフォーマンスと聯合ニュースも思っているからですかね。