(聯合ニュース 2019/06/14)

 韓国の人気グループBIGBANG(ビッグバン)らが所属する大手芸能事務所、YGエンターテインメントの梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)代表プロデューサーが14日、同社のホームページで「本日付でYGの全ての職責と業務から退く」と発表した

 梁氏は「口にすることも恥ずかしく、恥辱的な言葉が無分別に事実であるかのように話されている今の状況に対し、忍耐心を持って耐えてきた。だが、これ以上は(耐えることが)難しい」と表明。「今後、(当局の)調査過程を通じて全ての真実が必ず明らかになると信じる」と心境を吐露した。

 梁氏の弟で同社の代表取締役を務める梁民錫(ヤン・ミンソク)氏もこの日午後6時ごろ、社員に電子メールを送信し、代表取締役を辞任する意向を伝えた。

 梁鉉錫氏は同社所属の男性グループiKON(アイコン)からの脱退を表明したB.I(ビーアイ、本名キム・ハンビン)さんの薬物に関連した疑惑を隠蔽(いんぺい)しようとした疑いが持たれている
※↓枠内記事

 京畿南部地方警察庁はこの日、記者団に対し、B.Iさんに関する疑いだけでなく、YGエンタによる圧力や同社と警察との癒着などがなかったか、厳正に捜査すると明らかにした。必要に応じて梁鉉錫氏が捜査を受ける可能性もあるとみられる。

 1996年に梁鉉錫氏が立ち上げたYGは韓国の三大芸能事務所として成長した

だがBIGBANGのG―DRAGON(ジードラゴン)さん、T.O.P(トップ)さんなどが薬物使用で批判されたほか、元メンバーのイ・スンヒョン(引退前の芸名V.I)さんは売春あっせん疑惑が持たれるなど騒動が相次いだ。梁氏自身も外国人投資家らに性的接待を行ったとの疑惑が持ち上がっている。

 金融監督院の電子公示システムによると、3月31日時点での同社の筆頭株主は梁鉉錫氏で、16.12%に当たる315万1188株を保有。弟の民錫氏は3.31%の64万7910株を保有している。


(中央日報 2019/06/14)

YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表プロデューサーが自社所属のアイドルグループiKON(アイコン)のメンバー、B.I(ビーアイ、本名キム・ハンビン)の麻薬捜査を揉み消すために情報提供者を懐柔・脅迫した情況があらわれた。 

3年前麻薬使用疑惑で捜査を受けたYG出身の練習生A氏はパン・ジョンヒョン弁護士を通じてヤン代表が自身を懐柔、脅迫して当時の警察捜査を揉み消したと主張した。パン弁護士は詳しい情況を13日、KBSニュースで明らかにした。 

パン弁護士によると、A氏は2016年4月ごろB.Iとともに大麻を吸引したと述べた。このような情況は二人が交わしたカカオトークの対話でも明るみに出た。B.Iは麻薬類の一種であるLSDの購入意向を明らかにして「君とは一緒にやってみたから」「一生やりたい」などの話を交わした。 

パン弁護士は「B.Iの要求でA氏が直接麻薬を購入してiKONの宿舎の前で直接渡した」として「B.Iは宿舎の前にある現金自動預払機(ATM)で直接現金を引き出してA氏に与えたと聞いた」と伝えた。 

事件が浮き彫りとなるとヤン代表は職員を送ってA氏をYGエンターテインメント社屋に連れてきた。ヤン代表はA氏の携帯電話を先に奪って「君に不利益を与えるのは簡単だ」として脅迫を始めた。 

ヤン代表は「わが所属事務所の芸能人は直ちに麻薬検査をしても出てこない」と主張した。彼は「(私たちは)周期的に麻薬検査をしており、もし麻薬が検出されれば日本に送って麻薬成分を抜くことができるために検出にかからないだろう」とし、B.Iに対して供述しても無駄だという趣旨で話した。 

ヤン代表は引き続き「当社所属の芸能人がそのような問題で警察署に行くのが嫌いだ」として「だから、私が君に十分に謝礼をして、弁護士も選任するから警察署に行ってすべての供述を覆してほしい」と要求した。 

A氏はヤン代表の要求により供述を覆した。警察は供述を覆したためB.Iに対する捜査をすぐに中断した。 

一方、13日、公益情報提供者A氏と名指されたYG練習生出身であるハン・ソヒさんはMBC(文化放送)とのインタビューを通じて「B.Iが麻薬を使用したのは事実」という趣旨で答えた。ハン・ソヒさんは「話せば会長に叱られる」としながらも「記者が考えるのが事実」と話した。 

ハン・ソヒさんはBIGBANGのT.O.Pとともに大麻を吸引した疑惑で2016年緊急逮捕されて懲役3年に執行猶予4年を言い渡された。 

警察はハン・ソヒさんを逮捕した当時、ハンさんの携帯電話を押収し、B.Iとのメッセンジャー対話を確保し、ハンさんがB.Iに麻薬を買ってあげた日付や時間・場所などに対する具体的な供述も聞いたと伝えられた


(聯合ニュース 韓国語 2019/06/14)

ヤン・ヒョンソク(梁鉉錫)(50)YGエンターテインメント代表プロデューサーが、社内のすべての職責から辞任して、YGの将来に関心が集まった。

ヤン・ヒョンソクは、YG練習生の発掘から管理、音楽と映像など生産されるすべてのコンテンツを直接掌握しており、彼に重心が集中しているためだ。

普通の大型企画会社[大手芸能事務所]のように実務専門家で分業化はしているが、YGはヤン・ヒョンソクが社内の意思決定とコンテンツ発表の順序までいちいち最終コンファームするシステムで動く巨大な1人体制の芸能事務所に違いなかった。

そのため、今年初めに『ビッグバン』(BIGBANG)メンバーであったスンニ[V.I イ・スンヒョン]の江南クラブ『バーニング・サン』事態から、最近の『アイコン』(iKON)メンバーであったビー・アイ(B.I キム・ハンビン)の麻薬購入疑惑まで、所属歌手が相次いで物議をかもすたびにヤン・ヒョンソクを叱責する声が高かった。

ヤン・ヒョンソクの辞任は、当面のYG歌手のコンテンツ生産ラインに影響を及ぼしかねない。

現在、YGが注力する歌手としては、海外で大きな成果を出しているガールズグループ『ブラックピンク』(BLACKPINK)の他にも成長動力であるポーイズグルプ『ウィナー』(WINNER)やアイコンなどがある

ワールドツアー中であるブラックピンクは、アメリカとヨーロッパ公演を終えたのに続きオーストラリアツアー中で、年末にも日本3都市公演が予定されている

ビー・アイが麻薬購入疑惑で脱退したアイコンは、7月から6人体制で日本ツアーを行う。先月に新しいアルバムを出したウィナーは、来る29日、奨忠体育館で『プライベートステージ』公演が予定されている。

また、『ジェクスキス』(Sechs Kies)のウン・ジウォンのソロアルバム、イ・チャンヒョクが除隊した『楽童ミュージシャン』のアルバムなど新報計画が次々にある。

ただし、ビッグバンのメンバーは軍服務中であり、チャ・スンウォンとカン・ドンウォンなどトップ俳優がいるが、ヤン・ヒョンソクは演技者パートには大きく関与していない。

ある歌謡関係者は「当面は歌手のアルバム発売に影響を及ぼすかも知れない」とし「また、弟であるヤン・ミンソク(梁民錫)代表取締役まで辞任して、内部組織を整備するのに重点を置き、不明瞭な雰囲気の余波はあるだろう」と見た。

しかし、大多数の業界関係者たちは、ヤン・ヒョンソクがYG経営と完全に分離することには懐疑的な反応を見せ、実質的な打撃はないものとみている

YGの設立者であるヤン・ヒョンソクは最大株主であり、対外的な公式の肩書は代表プロデューサーだ。

5月のYGの四半期報告書によれば、ヤン・ヒョンソクは普通株315万1千188株(16.12%)を保有しており、報告書内の役員名簿には名前が上がっていない。

エンターテインメントの特性上、代表プロデューサーは所属歌手の発掘と管理、音盤などコンテンツ製作をリードする役割なので、肩書はなくともヤン・ヒョンソクの影響力が十分に及よぶ。

また他の芸能事務所代表は「コップ甲質で退いたチョ・ヒョンミン(趙顯旼)前大韓航空専務[ナッツ姫の妹。代理店社員に水をぶっかけた]が、最近、経営に復帰したように、通常の大企業の事態対応マニュアルに従ったものと見られる」とし「代表プロデューサーという役割は事実上、職責が重要ではなくて十分にコンテンツを統制することができる。さらにヤン・ヒョンソク氏は最大株主なので影響を作用することはさらに易しい」と指摘した。

ある音盤広報社の取締役も「ある求職サイトのYGの評判を見ると『一人でやり遂げながらなぜ何百人の職員が必要なのか』という書き込みがあった」とし「現在の役員もヤン・ヒョンソク側の人物で構成されており、十分に影響を直間接的に及ぼすだろう」と話した。

このような視線を意識したように、同日、弟のヤン・ミンソクも代表取締役の職を辞任した。ヤン・ミンソクはYG普通株64万7千910株(3.31%)を保有している。

しかし、兄弟の決断にもかかわらず、ネチズン[ネットユーザー]は『目を隠してアウン』[いないいないばーに相当。子供だましの意]、『見せる式対処』とし、状況逃れに過ぎないと冷たい反応を見せた。

また、これまで浮上したヤン・ヒョンソクの東南アジア財力家性接待疑惑、ビー・アイ事件関連の警察捜査もみ消し疑惑などを捜査機関が徹底的に捜査しなければならないという声も高かった

このような疑惑をめぐる今後の警察の捜査が、YGの将来とヤン・ヒョンソクの歩みを計る変数になるものと見られる。(機械翻訳 若干修正)


さて、一所属グループのメンバーが手を出していただけではなく、所属するアーティスト(?)間で広まり、警察の取り調べを設立者のトップがもみ消そうとし、今後も影響力を持つ事務所と、日本のテレビ局をはじめとするメディアは、どう関係(所属グループ・タレントの起用)を続けるのかな。