現代重工業労組、株主総会を占拠…会社側「警備員7人負傷…1人失明の危機」
(中央日報 20018/05/28)

現代重工業労組[民主労総系]が今月末に株主総会が開かれる予定の蔚山(ウルサン)ハンマウル会館を27日、占拠した。現代重工業は今月31日に株主総会を開き、会社の物的分割案件を上げる予定だった。これは大宇造船海洋買収のための事前措置だ。
※大宇造船海洋労組[民主労総系]も買収に反対の立場

現代重工業労組の組合員数百人は、27日午後3時30分にハンマウル会館の中に入って立てこもりを始めた

PYH2019052718280005700_P4_R

PYH2019052718310005700_P4_R

PYH2019052716510005700_P4_R
▲会館を占拠したヒュンダイ重工業労組は建物の前に集結している。

これに先立ち、現代重工業労組員500人ほどがこの日午後2時30分ごろ、現代重工業蔚山本社本館建物への進入を試みた。この過程で本館職員100人余りがこの進入を防ぎながら両者が衝突する事態が発生した。

PYH2019052718150005700_P4_R

PYH2019052718140005700_P4_R

PYH2019052718330005700_P4_R

労組と本館職員の間でもみ合いとなり、玄関のガラスドアが割れた。組合員が卵などを投げ、これにより警備員7人がけがをして病院に運ばれた

このうち警備員3人は目にガラスの破片が入るなどした現代重工業関係者は「組合員との衝突で職員1人が失明の危機に処した状況」としながら「残りの6人が受けたけがについても責任を問う」と話した。
※本社侵入は断念。

株主総会の会場を占拠した労組は31日に予定された株主総会まで封鎖を解かないという方針だ。現代重工業労組は「大宇造船引受発表以降、3カ月以上にわたり団体協約継承と雇用維持に対して何の話もない」とし「物的分割案件が通過すれば現代重工業は借金を抱え込む製作会社に転落して外側だけしか残らなくなる」と主張した。

物的分割案が株主総会で通過すれば、従来の現代重工業は韓国造船海洋に変わり、子会社である現代重工業が新たに設立される。

韓国造船海洋は中間持株会社として新設現代重工業と今後買収する大宇造船海洋を子会社として率いることになる。現代重工業のカ・サムヒョン社長はこの日記者団と会い、「物的分割に関連して反対の声が上がっているが、説得作業を続けていく」と話した。


(聯合ニュース 韓国語 2019/05/28)


ヒュンダイ(現代)重工業労組が28日、今年初めての全面ストに突入し、物的分割(法人分割)株主総会場占拠座り込み2日目に入った

労組は本日午前8時から全面ストに入った。

労組は、会社物的分割に反対して去る16日から部分ストを始めたが、全組合員対象の全面ストは今回が初めてだ

労組はまた、来る31日に臨時株主総会が予告された蔚山市東区のハンマウル会館を内外で占拠して座り込みをしている。

労組は昨日午後、株主総会場を奇襲占拠して座り込みを始めた。

組合員数百人は株主総会場の中に入り、出入り口の一部を封鎖した状況だ。

PYH2019052718240005700_P4_R
▲株主総会場占拠したヒュンダイ重工業労組
27日午後、会社物的分割に反対して蔚山市東区のハンマウル会館を占拠したヒュンダイ重工業労組が建物のある出入り口の前で待機している。ハンマウル会館は来る31日、ヒュンダイ重工業の株主総会が開かれる場所だ。2019.5.27

占拠を始めた26日[27日]ハンマウル会館の休館日だったが、今日からは営業日なので一部利用客の不便が予想される

労組は株主総会が開かれる来る31日までハンマウル会館占拠と全面ストを継続する方針だ。

ハンマウル会館は、ヒュンダイ重工業が1991年に設立した文化空間で、会社の蔚山本社から直線距離で400mほど離れたところにある。

地上4階、地下1階の建物で、地下1階はプールとヘルス場、地上1階は劇場とコーヒーショップ、2階は各種食堂、3階は外国人学校、4階は卓球場と賃貸事務室などで構成されている。

物的分割を扱う株主総会は1階の劇場で開催予定だ。

会社は、ハンマウル会館を対象に施設保護要請をした状態で、予定通りに株主総会を開催するため、組合員の退去を警察に要請する計画だ。(機械翻訳 若干修正)