(韓国日報 韓国語 2019/05/27)

GS25が『イ・スンマン(李承晩)独立運動家弁当』に続きまた弁当デザインで口の端に上った。弁当に貼られたステッカーが日本帝国主義の象徴である旭日旗を連想させるという指摘が出たためだ。

GS25は24日、コンドレナムルパプ[高麗アザミご飯]とデゲタクチチャン[ズワイガニ甲羅醤(カニみそ)]の『コンデ弁当』を発売した。コンデ弁当は価格3,700ウォンで、国産紅ズワイガニのカニみそが含まれており価格対比品質が良いという“価性比”[価格対性能比 コストパフォーマンス]で話題になった。

しかし、発売当日からオンライン空間にコンデ弁当の写真が共有され、ズワイガニのカニみそに貼られたシールデザインが議論になった。旭日旗模様と似ているという理由のためだ。シールには真ん中に円形が配置されており、放射状の縞が描かれている。オレンジ色だが、円形と放射状の縞によって旭日旗が思い出されるという指摘が起きた。

201905271590054244_1_R

オンラインコミュニティでは「意図がどうであれ消費者が不愉快に思うようなデザインであるようだ」(fen***)、「失敗したデザインだ」(ant***)などのコメントが掲載され、あるポータルサイト利用者gib***は「旭日旗のような感じがして若干マイナスになったようだ」などの反応を見せた。

ただし、旭日旗とは違うという主張も出てきた。あるオンラインコミュニティ利用者gui***は「色はもちろん、円と線の比率が明らかに違う」とし、イル***は「あんな形ならいつも日本を思い出して怒らなければならないのか」と主張した。

GS25側は、シールの模様と旭日旗とは関連がないという立場だ。GS25側関係者は27日、韓国日報との通話で「まったく(旭日旗を連想させようとする)意図はなく、拡大解釈に該当する」としつつも「誤解の素地があるというのでデザインを変更する」と述べた

GS25の弁当デザインが議論になったのは今回が初めてではない。先月には『大韓民国臨時政府樹立100周年』を記念して発売した『独立活動家紹介弁当』が議論になった。オンライン空間で紹介された人物の一人であるイ・スンマン元大統領が独立活動家リストに上げるのが適切なのかを置いて甲論乙駁が起きた。(機械翻訳 若干修正)


(聯合ニュース 2018/08/08

(略)7月末時点での店舗数はCUが1万1949店舗で最も多く、GS25が1万1911店舗、セブンイレブンが8944店舗、ミニストップ2401店舗、イーマート24が2247店舗となっている。(略)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かにみそ(缶・共和)
価格:594円(税込、送料別) (2019/5/27時点)