(聯合ニュース 韓国語 2019/05/25)

・嫌韓デモに常連で登場する日本軍国主義の象徴物
・日本外務省「国際社会に受け入れられている」と事実と異なる主張

帝国主義の日本軍が使用した戦犯旗『旭日旗』について日本政府が使用に問題がないという強弁を広報物を政府省庁のホームページに掲載した。

25日、日本外務省のホームページを見ると、外務省は昨日、旭日旗を説明する掲示物を日本語版と英語版で上げた

AKR20190525025700073_03_i_P2
▲日本外務省が24日にホームページに上げた旭日旗説明掲示物。旭日旗が『日本文化の一部』であり『国際的に幅広く受け入れられている』という強弁を展開した。[日本外務省ホームページキャプチャー=聯合ニュース]

この掲示物は『日本文化としての旭日旗』という小題目で「旭日旗の意匠は日章旗(日本の国旗)同様、太陽をかたどっている」とし「この意匠は、日本で長い間広く使用されている」と主張した

それと共に「今日でも、旭日旗の意匠は、大漁旗(豊漁を祈る旗)、出産、節句の祝いなど、日本の様々な日常生活の場面で使われる」と強調した

この掲示物はまた「旭日旗は、海上自衛隊の自衛隊の艦艇旗と陸上自衛隊の自衛隊旗として、不可欠な役割をしてきており、国際社会で幅広く受け入れられている」と事実と異なる主張もした

掲示物はこうした主張をしながらも、旭日旗が帝国主義日本軍が使った戦犯旗だったという事実には言及しなかった

旭日旗は、帝国主義日本が過去の太平洋戦争などで全面に掲げ、日本軍国主義と帝国主義の象徴物として使われた。

使用が厳格に禁止されたドイツナチスの象徴模様と違い、日本では旭日旗が日本政府の容認の下に、自衛隊の旗などで使われている。

特に日本極右勢力は嫌韓デモで旭日旗を振り、帝国主義時代の象徴としてのイメージを積極的に活用している。

韓国海軍は旭日旗に対する韓国国民の反対情緒を考慮し、昨年10月の済州観艦式で日本の自衛隊の艦艇が旭日旗を掲揚できないように参加国に自国旗と太極旗を付けてほしいと要請した。これに対し日本が反発して両国間の葛藤がもたらされた。

最近、日本政府は旭日旗の使用を正当化しようとする強弁主張を組織的で意図的に強化している。

日本政府の他の省庁である防衛省も最近、ホームページに旭日旗を説明する掲示物を掲載した

防衛省は、旭日旗が日本国籍を知らせると同時に組織の団結と士気の向上に貢献しているという主張を“Q&A(質疑応答)”方式で紹介した

極右指向の産経新聞はこれと関連し、「韓国では旭日旗に対し侵略や軍国主義の象徴と批判することから、外務省と防衛省が国際社会に正しい情報を発信する必要があると判断した」と説明した。

次官級人士である防衛省の山田宏政務官は昨日、自分のホームページに自衛隊旗に対し、「韓国だけが戦犯旗などと無礼な批判をしている」と書き込んだ。(機械翻訳 若干修正)


外務省
vflylifyldffuyjf44841
vflylifyldffuyjf44842
vflylifyldffuyjf44843

防衛省
vf1e5f64eq4gv63qe4fv3

154646343543me_2019-5-2500