(聯合ニュース 韓国語 2019/04/15)

・集会参加者が庁舎進入して物理的衝突、オ・コドン市長“秘密出勤”

釜山市が強制徴用労働者像を奇襲撤去したことに反発する公務員労組の組合員などが15日午前、釜山市庁庁舎で抗議集会を行った。

全国公務員労組釜山本部組合員と積弊清算・社会大改革釜山運動本部会員など100人余りは本日午前、オ・コドン(呉巨敦)釜山市長の出勤阻止に失敗した後、市庁舎前で労働者像強制撤去に抗議する記者会見を行った。

これらは記者会見を終えた後、「(労働者像)撤去は親日」、「労働者像直ちに返還」などのスローガンを叫んで市庁舎進入を試み、これを防ぐ市庁職員らと衝突した

両者が衝突したりしたが負傷者は発生していないという。

AKR20190415043600051_02_i_P2_R
▲釜山市庁舎出入口での衝突

庁舎に進入したこれらは、労働者像奇襲撤去を断行したオ市長との面談を要求して市長室に向かおうとしたが、警察に遮られた

これらは庁舎1階ロビーで労働者像撤去責任者の処罰とオ市長の謝罪などを要求して連座座り込みを行っている。

警察は、エレベーターに行くスピードゲート[出入管理ゲート]の前に人材を集中的に配置し、集会参加者が市長室に行くことを防いだ。

PYH2019041508050005100_P4_R
PYH2019041508040005100_P4_R
▲釜山市庁舎の混乱場所

しかし、集会参加者のうち10人余りが市長室がある庁舎7階まで進入し、「釜山市長謝罪せよ」、「撤去した労働者像を返還せよ」などのスローガンを叫んでデモをし、引かれて降ろされた

PYH2019041508300005100_P4_R
PYH2019041508540005100_P4_R
▲釜山市長謝罪せよ

PYH2019041503990005100_P4_R
PYH2019041504000005100_P4_R
PYH2019041504940005100_P4_R
PYH2019041504390005100_P4_R
PYH2019041504050005100_P4_R

集会参加者は本日、オ市長の出勤を阻止しようと庁舎駐車場出入口3か所を監視した

オ市長が本日午前7時30分に予定された幹部会の時間に合わせて出勤すると予想し、駐車場出入口ごとに労組員を配置したのだ。

PYH2019041501920005100_P4_R
PYH2019041501910005100_P4_R

しかし、オ市長は予想より早い午前7時頃、水営区南泉洞の官舎から官用車で出勤し、市庁付近で他の車に乗り換えて市庁舎に入り、執務室に上がったことが分かった。

市は3日前の12日午後、釜山市東区草梁洞のチョンバル(鄭撥)将軍銅像前の歩道に置かれた労働者像を奇襲的に行政代執行に出て撤去した。

労働者像は昨年5月1日、釜山地域の市民社会団体が日本総領事館前に設置しようとしたもので、これまで公式的な設置場所を探せずにチョンバル将軍銅像前の歩道に臨時に設置された状態であった。

市は撤去した労働者像を釜山市南区の日帝強制動員歴史館に移動した。(機械翻訳 若干修正)


市長は議会に丸投げするつもりなのかな↓。

(ニュース1 韓国語 2019/04/15)

オ・コドン(呉巨敦)釜山市長が15日、日帝強制徴用労働者像(以下、労働者像)撤去と関連し、「造形物設置のための法的手続きを履行せずに、近隣地域に固定作業が計画されたことにより、措置を取らなければならなかった」と労働者像撤去の理由に『不法』を掲げた。

オ市長は本日午前、釜山市庁で記者会見を行い、「歴史的痛みを記憶し、真実を究明するという委員会の活動は、単に法的・行政的ものさしだけで判断できないということを釜山市もよく知っている」としながらも『不法』を再度強調し、このように話した。

オ市長は「代執行過程で発生するかも知れない事故の危険を考慮しないわけにはいかなかった」とし「衝突を最小化するために時期を電撃的に決めるしかなかった」と伝えた。

引き続き「設置位置について市民の意思を確認する公論化の過程を経て、これを根拠に手続きに合わせて設置する案を提案した」とし「同時に原則も提案する」と公論化を再度提案した

オ市長は△5月1日のメーデー前までに労働者像の位置決定△釜山市議会など市民の同意可能な機構が共にする公論化推進機構の構成など具体的な案も提示した

オ市長は本日、労働者像建立推進委員会と市民団体に頭も下げた。彼は「去る4月12日に行われた労働者像行政代執行過程で十分な疎通が足りなかった」とし「繰り返し遺憾を意を伝える」と話した。(機械翻訳 若干修正)

2019年04月12日
2019年04月13日