(聯合ニュース 韓国語 2019/04/12)

設置場所をめぐって論議が起きていた釜山強制徴用労働者像を、釜山市が12日、強制的に移動させると市民団体が強く反発した。

釜山市は本日午後6時10分頃、東区草梁洞のチョンバル(鄭撥)将軍銅像前の歩道に置かれていた労働者像の行政代執行を強行した。

行政代執行には市公務員など50人余りと重装備[重機]などが動員され、労働者像をトラックに載せた。

PYH2019041220190005100_P4_R

PYH2019041220170005100_P4_R

行政代執行を予告した釜山市が退勤時間に合わせて奇襲的に労働者像を撤去したのだ。

当時、労働者像を守って現場に留まっていた積弊清算・社会大改革釜山運動本部強制徴用労働者像建立特別委員会(以下、委員会)関係者たちが強く反発したが、対応できなかった。

市は行政代執行を終えた後、立場文を出して「造形物設置のための法的手続きを履行していない不法造形物については、行政措置を避けることはできない状況だった」と釈明した。

市は引き続き「何より、委員会参加者と市民の安全を保護し、物理的被害を最小化するため、電撃的に行政代執行をするしかなかった」とし「委員会側と市民の皆さんすべての理解を望む」と付け加えた。

市は撤去した労働者像を南区にある日帝強制動員歴史館1階の観覧客待機場所に設置した。

PYH2019041220560005100_P4_R

市は「該当造形物の設置場所を決めるために公論化過程を経ようという市の提案は依然として有効だ」と説明した。

委員会は労働者像を昨年5月1日のメーデー行事の時、日本総領事館前の『平和の少女像』の横に設置しようとしたが、当時、警察の阻止で失敗した。

委員会は、翌年の今年3月1日、東区草梁洞のチョンバル将軍銅像前で釜山市民大会を開き、チョンバル将軍銅像近くの歩道に労働者像を臨時に設置した。

以後、市民団体、管轄の東区庁、釜山市は労働者像の場所をめぐって3者協議を行ったが、合意点を見出すことができなかった。

行政代執行の前日である11日、市民団体と東区庁は銅像近隣のサムジ公園を労働者像の移転場所に決めたが、市はこれに反対して行政代執行を予告した。

市はこれまで、労働者像を日帝強制動員歴史館に置くべきという立場を固守してきた。

委員会は「市が市民が置いて行った花やリボンを放り捨て、奇襲的に労働者像を引きずっていった」とし「日本政府がそのように望んだことを韓国政府が公務員を動員して成し遂げた」と反発した。

PYH2019030115620005100_P4_R

引き続き「強制徴用労働者の歴史は100年が過ぎても清算されないまま、また再び繰り返した」と主張した。

委員会は今月14日午後、チョンバル将軍銅像の前で『抗日通り宣布市民大会』を開き、労働者像から日本総領事館前の平和の少女像までの150m区間を抗日通りにする計画だった。(機械翻訳 若干修正)

2019年04月12日


東区‐市民団体の合意で、14日に事実上恒久的な設置が行われるため、“放置されている”今日・明日しかないと判断したのかもしれませんが、釜山市がここまでするとは意外ですね。

※合意内容:↓赤丸内に何ら根拠なく“放置”されている像を、東区が写真中央上の植木を伐採し、14日に設置して公園化する。

NISI20190301_0000283054_web