(聯合ニュース 韓国語 2019/04/09)

PYH2019040913520007300_P4_R

※参考 裏面 右縦書きはハングル交じり文
8b7289156456

1902~1904年の旧韓末日本中央銀行が大韓帝国で発行した1円券[10円券]紙幣。第一銀行は1円、5円、10円券にこの銀行の所有者である渋沢栄一の肖像を描いた

日本財務省は、この渋沢栄の肖像を自国の新しい1万円券紙幣に入れる計画のため、論議が予想される。[韓国銀行貨幣博物館提供] 2019.4.9(機械翻訳 若干修正)


第一銀行は一民間銀行で日本の中央銀行ではないです。


(聯合ニュース 韓国語 2019/04/09)

○鉄道・電気など経済的利権侵奪の先頭に立った渋沢栄一
○大韓帝国圧迫して発行した初の紙幣に自分の顔入れて“恥辱”抱かせる

日本政府が旧韓末の韓半島[朝鮮半島]経済侵奪の先鋒に立った象徴的人物を新紙幣に描こうとしており、論議が予想される。

該当人物は、特に大韓帝国時代、日帝の利権侵奪のために韓半島で紙幣発行を主導し、自ら紙幣の中に肖像として登場した。

麻生太郎日本副総理兼財務相は9日の記者会見を通じて、紙幣の図案を全面的に刷新するとし、このうち1万円券に渋沢栄一(1840-1931年)の肖像を入れる計画だと明らかにした。 

渋沢栄一は明治と大正時代を風靡した事業家で、第一国立銀行、東京ガスなど5百社余りの会社の経営に関与し、日本で礼賛される人物だ。

だが、韓半島では旧韓末に貨幣を発行して鉄道を付設する一方、京城電気(韓国電力の前身))の社長を務め、韓半島に対する経済侵奪に全面的に乗り出した象徴的な人物だ

彼は特に韓半島の初の近代的紙幣に登場し、韓国に恥辱を抱かせた

旧韓末の大韓帝国では、1902~1904年に日本の第一銀行の紙幣1円、5円、10円券が発行されたが、この3つの紙幣の中に描かれた人物がまさに当時第一銀行の所有者であった渋沢栄一であった。

大韓帝国は1901年に外貨流通禁止と金本位制度の採択を内容にする自主的な貨幣条例を発表した。

これに対し、日本の第一銀行は貨幣を発行することを要求した後、武力示威を通じて大韓帝国にこれを受け入れさせ、銀行の所有者である渋沢栄一の肖像を紙幣に描き入れた

日本政府が、渋沢栄一が過去の韓半島侵略の歴史を代弁する人物であるにもかかわらず、新しい1万円券紙幣に彼の肖像を入れようとするのには、過去の歴史を否定する安倍晋三政権の歴史修正主義が反映されたという解釈が出ている。

日本政府のこのような方針をめぐり、日帝植民地支配の被害国の韓国に対する配慮が欠如しているという批判が、韓国だけでなく日本国内でも出てくるものと予想される

韓国貨で10万ウォンほどの価値である1万円券紙幣は、日本の紙幣のうち最も高額券だ。

麻生副総理はこの日、貨幣刷新計画を発表しながら「国民各層に広く認められている方を(新しい貨幣の中の人物で)選んだ」と話した。

新紙幣に描かれる人物は、日本政府の財務省が日本銀行、国立印刷局と協議した後、最終決定される。財務省は新紙幣を5年後に発行することを目標にしている。

財務省は、その他にも5千円(約5万ウォン)、1万円(約10万ウォン)券[千円券]の新紙幣の中に帝国主義時代に活発に活動した人物の肖像を描き入れることを考慮している。

5千円券には明治時代の女性教育開拓者である津田梅子(1864~1929年)、1千円券には日本医学の父と呼ばれる北里柴三郎(1853~1931年)の顔を載せるつもりである。(機械翻訳 若干修正)


朝鮮銀行(ウィキペディア)

前身

1876年10月に釜山港が開港されると、日本の第一銀行は1878年6月に釜山支店を設けた。1880年5月、第一銀行は金の買付のために砂金の集散地である元山に出張所を設け、1882年11月、海関税取扱のために仁川出張所を設けた。

この頃、邦人商人の間では、不便な常平通宝 (葉銭)に代わり第一銀行発行の韓銭手形 (一種の預かり証券)が多く流通していた。便利な韓銭手形による海関税の支払いを実現するため、1884年2月、第一銀行釜山支店主任の大橋半七郎は朝鮮総税務司パウル・ゲオルク・フォン・メレンドルフと海関税取扱条約を締結した。

1902年以降大韓帝国(李氏朝鮮が1897年に改称)で第一銀行券を発行して、それを韓国の公用紙幣として流通させる権利を得て、事実上の中央銀行となった

第一次日韓協約により目賀田種太郎が韓国の財務顧問につくと、民間銀行に過ぎない第一銀行が外国の中央銀行業務を行っている事を問題視して韓国統監伊藤博文に相談。桂太郎ら日韓併合に積極的な山県閥、第一銀行を経営する渋沢栄一と伊藤との調整の結果、併合直前の1909年に大韓帝国政府、日本皇室、韓国皇室および個人から資本金により設立された韓国銀行条例(韓国法:隆熙3年法律第22号)に基づく中央銀行・韓国銀行が設立されて、第一銀行から中央銀行業務を移管した。(略)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

貧民の帝都 (文春新書) [ 塩見 鮮一郎 ]
価格:831円(税別、送料別)(2019/4/9時点)