(JTBC 韓国語 2019/03/18)

[アンカー]
韓国軍は8兆ウォン以上の資金を投じて韓国型戦闘機KF-Xを開発しています。戦闘機に装着するミサイルなど武装技術はアメリカから輸入する計画であったが、アメリカが去る3年間に韓国政府の技術輸出要求を10回以上拒否したことが確認されました。こうなると、お金は高台に上がり、開発は遅れて。このような状況が憂慮されますね。ウ・ソニ記者です。

[記者]
KF-X事業は2020年代以後、韓国空軍の主力戦闘機を作る事業です。2014年から本格的に始まりました。

戦闘機にはミサイル・爆弾など武装が装着されるが、私たちはこの技術をアメリカから輸入しようとしました。

しかし、アメリカは2015年から10回以上、輸出要求を拒否しました。

昨年8月には資料を提供しないという公式書簡も送りました

防衛事業庁は、今もアメリカに技術輸出を要請している状態だが、開発には問題がないと主張しました

[キム・ビョンギ/国会国防委員:開発可能だという立場なら、アメリカに10回も技術を求めて拘る理由もないじゃないですか。これができるんですか、できないのですか。]

[ワン・ジョンホン/防衛事業庁長:私たちは可能だとみて熱心に開発しているところで…]

防衛事業庁はひとまず、空対空武装はヨーロッパの技術に変え、空対地武装もヨーロッパ製を検討中です。

そして、後ほどアメリカの技術も輸入すれば良いというのです

技術を2回買えば費用が増えると見られるが、防衛事業庁は「総事業費内で解決されるので問題ない」という立場です。

防衛事業庁長は直ちに6か月後の日程に合わせることができるのかという質問に、きちんと回答できませんでした。

[キム・ビョンギ/国会国防委員:9月には詳細設計を終えなければならないが可能でしょうか。]

[ワン・ジョンホン/防衛事業庁長:…](機械翻訳 若干修正)


2018年06月30日
韓国型戦闘機(KF-X)開発事業 『基本設計』完了、2019年9月『詳細設計』、2021年上半期『試作1号機』、2022年下半期『飛行試験』、2026年『開発完了』ニダ!


2014年10月に“イスラム国”インドネシアとこの戦闘機の共同開発に合意、2015年9月にパク・クネ大統領が中国の「抗日・反ファシスト戦争勝利70周年記念式典・閲兵式」に天安門で習主席やプーチン大統領と並んで出席。で、今はムン大統領。

現場ではとっくにアメリカからの技術移転はあきらめているんじゃないですかね。