民団と朝鮮総連
(毎日新聞 2006/05/22)

 在日本大韓民国民団(民団)と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が和解に動き始めた。対立より仲良しがいいに決まっているが、さめた見方も少なくない。民団が脱北者支援を棚上げにするなど、北朝鮮の問題に目をつぶった印象がぬぐえないからだ
▲むろん視点が違えば見方も違う。在日2世の作家、朴慶南さんは南北対立の緊張の中で育った自らの半生を振り返りながら、和解を評価し、こう語る。「日本人は在日がいるのに見ようとしないし、知ろうとしない」「韓流ばやりと言っても、在日に本名を使わせない閉塞(へいそく)感が、いまだに日本にはあるんです」 (18日朝日新聞)
▲南北いずれであれ、なお厳しい在日の環境。だからこその同胞融和。朴さんの指摘を読んで日本がサッカー・ワールドカップ決勝トーナメント出場を決めた日の風景が浮かんだ
▲02年6月14日。大阪・ミナミは群衆であふれ返った。圧死の恐怖に耐えながら川にこぼれ落ちる人影や街頭の熱狂を見続けた。あちこちで歓声がわき起こる。「日韓決勝」「日韓決勝」。若者たちが日韓で決勝を戦おうと叫び交わす図は大いなる和解に映った。甘い感傷に過ぎないのだろうか
▲毎日映画コンクールはじめ各賞を総なめにした映画「パッチギ!」で日本の高校生が在日の長老から「我々の苦労を何も知らないやつは帰れ!」と怒鳴られる場面がある。あの長老にしかられそうだが、今回の和解で日本人とどう向き合っていくかが語られなかったのは残念だ
▲同胞は大事だし、祖国も大事だ。だが正義や人権といった価値観も大事だ。和解は情理兼ね備えたものであってほしい。日本の高校生と在日の少女の愛が実る「パッチギ!」。あのハッピーエンドを現実のものにするためにも。



>日本人は在日がいるのに見ようとしないし、知ろうとしない
日本には在日がいるのに見せようとしないし、知らせないようにしている勢力がありますからね。


で、せっかく一部マスコミが本名を知らせようとすると、同胞の方が反対します。

聖神中央教会暴行事件の金保(偽名:永田保)の報道に関して

大阪市立大学大学院の朴一教授の弁
(サンデージャポン 2005/04/10放送より)

pakuiru001.JPG
「犯罪が起こると必ず本名が出るわけです」
「今回の場合は金とでてますけどね」
「アレは犯罪が起きた時に在日コリアンと言う出自を暴くと言うマスコミのやり方と言うのは如何なものかと私は思うんですよ」
~中略~
「ツマリ犯罪と出自が因果関係が有るかのようなね」
「あの人は「ナガタ容疑者」として逮捕されるべきだったと私は思うわけですね。」



>在日に本名を使わせない閉塞(へいそく)感が、いまだに日本にはあるんです
同胞がこれ↓だけのことしていれば、出自を言いたくなくなるのでしょうね。
・本国の反日政策
・朝鮮人の犯罪(武装強盗団、強姦魔、拉致など)
・観光客のマナーの悪さ
・民団、総連の活動


>映画「パッチギ!」で日本の高校生が在日の長老から「我々の苦労を何も知らないやつは帰れ!」と怒鳴られる場面
いまの高校生だったら「苦労?密航したときのことですか?」くらい聞いてくれるかな

知れば知るほど(略)




別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』 別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』
野村 旗守 宮島 理 李策

マンガ嫌韓流2 嫌韓流 実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル マンガ嫌韓流の真実! 「在日」論の嘘―贖罪の呪縛を解く 韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理

by G-Tools