外国人観光客の遊興飲食免税が廃止へ
(中央日報 201010/04)  


  外国人観光客が韓国でルームサロンや料亭など遊興飲食店を利用する場合に個別消費税を免除する制度が28年ぶりになくなる。

  企画財政部は3日、外国人観光客の「遊興飲食行為」に対して個別消費税(10%)を免除する制度を来年から廃止する、と明らかにした。こうした内容の個別消費税法改正案が先月末、国務会議を通過し、国会議決を控えている。

  「遊興飲食行為」とは人を雇用して客の飲酒歌舞など接待する行為をいう

 外国人観光客の遊興飲食店個別消費税(旧特別消費税)免税条項は1982年に観光振興のために導入された。税政当局は外国人観光客の遊興飲食店免税規模を年間100億ウォン(約8億円)前後と推定している。

  キム・ギョンヒ財政部環境エネルギー税制課長は外国観光客の遊興飲食店免税廃止について「遅すぎる感がる。これから観光産業は韓国固有の歴史・文化的遺産を観光資源化したり、公演や祝祭などの文化芸術活動と連係して育成する必要がある」と述べた。キム課長は財政部で唯一の女性課長。




外国人も『ルームサロン』に行けば個別消費税を払わなければならない
(inews24 韓国語 2010/10/01)

去る30年近く、外国人が国内でルームサロンや料亭のような遊興酒店を利用する際に恩恵を与えていた個別消費税免除制度が廃止される。

企画財政部は、このような内容が入った個別消費税法改正案が先月29日に開催された第41次閣僚会議で通過したと1日、発表した。

ルームサロンや料亭、劇場式スタンドバーなどの遊興酒店の外国人観光客に対する遊興飲食行為の個別消費税免除制度は、去る82年1月に観光振興のために導入された制度だが、事実上の『キーセン観光』を後押しするなどの批判が少なくなかった

財政部関係者は「税収自体の大きさとは関係が少ないが、今後の観光産業は我が国固有の歴史・文化的遺産の観光資源化および公演・祭りなど文化芸術活動で勝負しようとの趣旨」と話した。(機械翻訳 若干修正)




>「遊興飲食行為」とは人を雇用して客の飲酒歌舞など接待する行為をいう。

中央日報・韓国版の記事では、『人』ではなく『接待婦』となっています。



ルームサロン (Wikipedia)

ルームサロンは、大韓民国の風俗店。ホステス付きの個室クラブで、ホステスを店の外に連れ出し売春を行うこともある。料金は高額である。接待に使われることも多い。

ルームサロン (ソウル Na ナイト)

ソウルでルームサロンといえば、韓国人も時々行きますが値段が高くて一般の方はほとんど行けません。

カラオケのルーム(個室カラオケ)とあまり変化はありませんがもっと広くてきれいな造りでゴージャスな雰囲気を持っていて韓国女性が侍っているところです。


システム & チャージ

店内に入るとボーイに個室に案内されます。ボーイが注文を取りに来ますので大抵はミニマムセットでも可能です。

内容はウィスキー1本と果物一皿です。(¥20,000~¥25,000)注文を取り終わると店のママが女の子たちを部屋に数名連れてきます。その中から自分の気に入った女の子を指名して一緒に部屋でお酒を飲むわけです

当然、カラオケも準備されていますし豪華な店ですと生バンドが部屋に演奏しに来ます。気に入った女の子と一緒に歌を歌ってもお酒を飲んでも構いません。

部屋で遊ぶ女の子の値段は、大体¥8,000~¥10,000もっといいことをしたいときは、女の子を呼ぶ前にママにその旨を伝えないと駄目です。(女の子には出来ない子も居ます)

そして、いざ気に入った女の子とルームサロンで過ごして後は近所のモーテルになります。大抵は、40分位で女の子は帰ってしまいます。
料金はモーテル代金別で大体¥20,000~¥30,000

合計金額を考えたら結構高い遊びになりますね。ルームサロンはあまりお勧めでは有りませんが、参考にして下さい。




妓生 (Wikipedia)

妓生(きしょう、キーセン)とは、朝鮮国に於いて、諸外国からの使者や高官の歓待や宮中内の宴会などで楽技を披露するために準備された女性の事を指す。しかし実際の妓生の位置付けは芸妓を兼業とする娼婦である。妓生の起源は、新羅や高麗に遡るとされる。新羅時代に於いては天官女がそれに相当すると言われている。高麗時代には官妓・官婢の中で容姿の優れた者を選別し、歌舞を習わせ女楽としたとあり、これが妓生のルーツとされている。国家が認定していたという点や、厳重なしきたりがあった事から、日本の遊女や芸者とは成り立ちが異なる。


大韓民国の妓生

大韓民国の成立後に朝鮮戦争が勃発し、戦火で焼き尽くされた国土の復興には莫大な費用が必要になった。(略)当時、駐留米軍に対する風俗店は、朝鮮語でヤクザと呼ばれる非合法の犯罪組織が関与しており、莫大な金額が地下に流出していた。これを一斉に摘発し、新たな国営の娼館制度を代わりに据え、外貨獲得を行った。これが便宜的に国営妓生と呼ばれる制度であり、更なる外貨獲得を目指して、一時はベトナム戦争時など海外にも派遣された。

日本が復興し、海外旅行が再開されると、日本からの観光客に対しても、国営妓生が使われた。1990年代まで、キーセン旅行と呼ばれるほど韓国旅行が風俗旅行と同等の意味を持っていたのはこのためである。

漢江の奇跡を経て、1980年代に韓国経済が軌道に乗り始めると、国営妓生の志望者は減少した。(略)

2004年に、韓国の議会は、すべての売春施設を閉鎖し、売春行為を違法とする法改正を行なった。これによって、妓生は大韓民国では事実上廃止された。

ソウルのキーセン・ハウスでは「清雲閣」「大苑閣」「三清閣」の「3閣」が有名だった。伝統的なキーセン・ハウスで唯一残っていた「梧珍庵」も、2010年に閉店した。



当時、「キーセン観光」がどれほど重要な国策だったのかわかりますね。







大人のソウル釜山極楽ガイド―刺激が足りないと感じているあなたのために!!
大人のソウル釜山極楽ガイド―刺激が足りないと感じているあなたのために!!
韓国夜の歩き方 大人の台湾極楽ガイド 大人のマカオ香港極楽ガイド ソウル 路地裏チョンマル(本当の)ガイド マカオ・香港 夜遊び地図 最新版 (C’s Mook 64) (C’s Mook 64)
by G-Tools